MENU

BLOGブログ

日常

雑談から拾う花びらのようなもの

2022.08.03

「面接」は
面接官の力量により

 

 

 

 

 

 

 

 

個人営業・法人営業の
スキルを使い分けが必要です。

 

 

 

 

 

 

法人営業(対大企業や組織)は

話す相手は人ですが
基準は企業が決めているため

人の奥を見て解答しないといけません

 

 

 

 

 

個人営業(対中小企業、個人事業主)は

話す相手も、
基準もその人なので

その人にハマれば通過します。

 

 

 

 

 

 

採用活動というのは
人格を認められて合格と
皆さん勘違いしますが

 

 

 

 

 

 

 

結局、
求められた答えを
適切な伝え方で
返せるかどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑巾を百貨店の
包装紙で包んでもダメだし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高級なスイーツを
ティッシュに包んで渡してもダメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

 

 

洗練された本質を

キレイな表現で

 

 

届けられたら最高です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁそんなアートみたいな

人ってなかなかいなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーラ感じる人

ってのが

それにあたるかなって

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある社長さんの言葉で

 

話を聴くこと

話さないこと

 

は違う

 

と教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは友人に

面接では「話をするな」と教えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

千利休が茶室の入り口を低くすることで

かがまないと入れないから

 

 

 

 

お辞儀をする格好を

カラダに覚えさせる

 

 

 

 

 

 

 

作法から

その意味を理解させる教え方をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシには、

だいそれた例えになってしましましたが

そこから学んで

体現していると

解釈頂けますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな保身はさておき

 

 

 

話を聴くこと

話さないこと

は違う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その社長さんは

 話さない

ことを良しとはしていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を聴くこと で

 

 

相手に興味を持ったり

質問が出たり

それについての会話のキャッチボールができる

 

 

 

そこから人隣りを読み解きたい

 

 

と考えているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、うん

 

そゆことよ

そゆことーーーw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事、採用カテゴリーやん

と思いつつ

1本目はちゃんとしようと思って

投稿が鈍っておる

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから