MENU

BLOGブログ

日常

敬語の世界

2022.08.02

いつもお世話になっております。

 

 

 

 

 

お世話になっていない人
(はじめましての人)

使うのは気持ちが悪い

 

使われても気持ちが悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔、キャッチセールス

という営業をしていたときに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばさんに向かって

「お母さん」

声を掛けたことがある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どこぞのテレビショッピングや

昔の八百屋さんのイメージで

言ってみたわけですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あなたのような子を産んだ覚えはない」

と言われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごもっとも!!!

思ったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

思ってもないし

事実ではないことで

声を掛けるのは

信用を得られない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TVショッピングや

八百屋さんは

それなりの技術の上にある

(場の雰囲気作りや立場の違い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素人が

言葉だけ真似てみても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手を不快にさせたり

一刀両断される

ことを学んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

お世話になっていない相手に

「いつもお世話になっております。」

信用を欠く

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは

何がよいのか

「いつもありがとうございます。」

というアドバイスを頂いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これには

 

 

普段から相手に感謝したり

電話を取りついで頂いて

世の中への感謝

 

 

のような気持ちで居れば

根拠ある言葉だから

使ってみてね

と言われ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシそんな良い人じゃないけどーーー

少しずつ

使っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中にも書きましたが

敬語とは

「お客さん」と「業者」

という

ポジション(立ち位置)

を明確にして

相手に心理的安全性を与えるためでもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敬語とは

と書きましたが

このお話は

謙譲語とは

が正しい。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから