MENU

BLOGブログ

日常

自分の国さえ繁栄すれば 何をしてもよい という考え方が 世界を不幸にする

2022.07.26

瀬戸内寂聴 さんの言葉

自分の国さえ良ければいい

という

利己主義の蔓延に

危惧を覚えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の国さえ繁栄すれば

何をしてもよい

という考え方が

世界を不幸にする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この考え方は

ドイツの文豪 ゲーテ

も言って居ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを現代に置き換えると

 

 

 

 

 

 

自分の会社が良ければ

他は知らない

というのは

業界を不幸にする

とも言い換えられるし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人レベルまで落とし込むと

 

自分さえよければ

他人のことは関係ない

というのは

周りの人を不幸にする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その範囲が

自分なのか

家族なのか

所属するコミュニティ(会社や学校)なのか

地域(市町村、県)

国(日本)

惑星(地球)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの視点を自分ゴトとして捉えるか

はたまた

「自分だけよい」という考え方を捨てて

「周りを尊重」できるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらにせよ

言うのは簡単ですが

実行に移すとなると

普段から

相応の気持ちと行動力を

持たねばなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なものを守るために

とは

よく言いますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に大切なものは

なんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

何から

守ろうとしているのでしょう

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから