MENU

BLOGブログ

日常

工程表は高値がついても良いと思う

2022.07.17

工程表は高値がついても良いと思う

 

 

 

受取る人は

普段から

もらって当たり前

と思っている

工程表

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガントチャートで

書かれていることが多いですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガントチャートというのは

横向きの棒グラフみたいな形

 

 

 

 

 

 

 

 

縦軸に

工区(どこを施工するか)や

工種(なにをするか)や

工程(どんな作業をするか)

 

 

 

 

横軸に

 

当社は2カ月以上

またぐ工事がおおいので

日付が書いてあることが多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間の工程でも日付

1日の工程であれば時刻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の方に

備考や大きなイベントが書いてあります。

 

 

大きなクレーンが来る日や

高所作業車を入れる日

封鎖エリアや

視察がある日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書く人によって様々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的には

この工程表が重要だと思っていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日初めての新人さんにも

見てほしいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理想を言えば

16:00から

翌日の工程表を

職長さんが説明して

新人さんが書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが出来れば

工事は比較的

上手くいくのでは?

と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は

何をするのか

仕事の全体像を把握する訓練になること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に伝えることで

職長さんも

より理解を深めることができること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工程表の詳細を突き詰めることで

工程の見落としが減る

=想定内の作業しかない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

・配管を撤去する

という工程があったとして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランジタイプであれば

「ボルトをはずす」

 

 

サポート(支えになるもの)の

「Uボルトをはずす」

 

 

中身が出ない様に

「前後のバルブを閉める」

 

 

 

中身が危険だといけないので

「事前に流体(流れているもの)を確認する」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

ポロポロいっぱい出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも

やるべき手順は

逆です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

工程表を書くときは

やってみるとわかりますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気付いたら

逆から書いてたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多分、それは

わたしが熟練では無いからかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと

「カレーの作り方」を書いてください。

といえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、

何から書き始めますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案外、

あとから

「材料をそろえる」って

書く人も居るものですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「材料を洗う」

も人によっては

あとから付け足すかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは

 

デキる人が

「やって当たり前」と思っていること

「言わなくても分かるだろ」に入ることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工程表もそうですが

みんなが

共通して

同じ工程を認識して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入れ替わり

立ち替わり

できれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

火おこしの係が出来たり

米の係が出来たり

材料を切る係が出来たり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃に

多くの人は

チーム戦の基本は学んでいるわけです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事になると

なかなかに

「俺が火を起こすぜ!」

「わたしが野菜斬るね!」

 

 

 

 

を人から言われないと

デキません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工程表は

料理で言うところの

レシピだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで

同じレシピを見て

工事の完成をイメージする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな仕事の仕方

ワクワクしませんか?

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから