MENU

BLOGブログ

日常

メールを侮る事なかれ

2022.07.14

メールの送り方で

「〇〇さま」

に超絶違和感があるので

勉強しなおすことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表現は

言葉と同じで

時代により

常識が変わります。

(良識のほうかな)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 教材として読みました。

引用:気のきいた短いメールが書ける本―そのまま使える! 短くても失礼のないメール術
中川路亜紀・著 
ダイヤモンド社・刊定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「様」…もっとも一般的。

「さま」…親しみをこめた呼び方としてよく使われており、失礼ではない。

     初めての相手やフォーマルな通知などにはつかわない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての相手やフォーマルな通知などにはつかわない。

だよね!

だよね!!

そーーーだよね!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、

新規メールでやってくる人や

広告メールでも「〇〇さま」って来るから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分悪いなって思ってました。

お客さんが「〇〇さま」ってメールして来ないのに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

率先して

「〇〇さま」で送る神経も分からない。

失礼なスタイルをアピールして

何の得になる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様を軽んじている

としか思えないわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「先生」…教員、弁護士、議員、文筆家、講師などへの敬称。

わたしには先生が何人もいる。

 

 

 

 

 

 

「各位」…「の皆様」の意味。「各位様」は敬称の重複になり間違い。

「皆様」…複数への呼びかけ。「○○の皆様」と書いてもよい。

 

 

「皆様」は

町内会か

PTAか

社内かなーー

 

 

 

 

 

 

 

無難に「各位」にしておきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

「課長」…役職名は、名前の後ろにつけると敬称になる。

 

わたしは、ワザと「〇〇社長様」と書くことがあります。

 

 

これは二重敬語で、間違った使い方です。

間違った使い方と理解しつつ

 

 

自身との関係性とキャラクター設定に合わせて

使い分けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名新パイピング株式会社

営業部

課長 〇〇 〇〇 様

 

 

 

 

 

 

 

(株)と略しません。

株式会社と書きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常業務では、

 

「〇〇 様」

 

と名字だけでも十分とする

見解もありました。

 

※個人的には「社名は入れた方が良いと思っています。」

 

 

 

 

 

 

 

 

名前と敬称の間に

1文字空けるかどうかは

決まりはないそうです。

 

※以前、「空けないよ」と指摘されたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに

相手が「気持ちよく受け取る」が正解なので

 

 

 

 

 

 

 

その辺りは

指摘する側も注意が必要かもしれません

※関係性によって

一般的には失礼でも

成立している場合があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでですが

建設業は「署名」を付けない人が多いです。

「署名」の付け方が分からない人も多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界の事務さんは

「署名の設定してあげますよ」の一言で

天使に見られるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホのアドレス帳

名刺

 

 

探すより

メールの方が

探すの早いですからね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

署名は

わたくし

こだわりの順番があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな形で、改行、同じ行に書きます。

・郵便番号
・住所
・会社名 
・部署名 氏名 携帯電話番号
・電話番号・ファックス番号
・メールアドレス
・会社のホームページ

キャンペーン・お知らせは、基本載せない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これの根拠は

「送り状」

郵送する時に書く

送り状の順番と同じにしてあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的な実務シーンで

コピペできる

形式にすることで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社や自分への

連絡を取りたい時は

メールを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という

「習慣化」

を狙っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

お客さんやお取引先の業務が

少しでも便利になるように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しでも

工夫を続けていきたいと思っています。

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから