MENU

BLOGブログ

日常

選挙の投票が一人一票であるということ

2022.07.13

選挙の投票が一人一票であるということ

 

 

人は生まれながらにして平等論

 

 

 

 

 

 

世界人権宣言(第一条)

 人は生まれながらにして自由かつ権利において平等

というものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生まれながら」の意味は

生まれた時から備わっていることを指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的な感想ですが

これは法律と相反する存在

と感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会を上手く回すために

ルール作りをした

これが

法律です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法律は

権利を一定の試験をクリアした人へ与えて

行使します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その試験に受かるための

努力する部分を

自由と権利とするならば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投票権を18歳に与えられる。

一人一票はおかしいと思うわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平等という視点で考えると

 18歳までの学力が高い人ほど投票権が多い

※その場合、わたしは投票できるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本経済の視点で考えれば

所得の高い人が多く投票権を持つ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ものづくり大国ニッポンで考えるなら

労働生産性や事業での採算性の高さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来の影響を受ける長さの視点から

残りの寿命によって

若者の投票権が多く

高齢の人は投票権が少ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

投票によって決まる政策や法律の影響を

長く受ける人が

その権利を主張できる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という考え方からの意見です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わからないから投票しない

ではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わからなくても投票する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

解ろうとすることが大事であり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政治家になる事だけが

国を動かす方法ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バタフライ効果というものを

聞いたことがありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蝶々1匹の羽ばたきが

様々なものへ

波及して

大きな波になる

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきは

テキサスで竜巻を引き起こす

 

 

 

 

 

 

という例題が有名です。

 

 

 

 

 

 

日本では

 風が吹けば桶屋が儲かる

に似ている話かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナタが思っている

些細な出来事は

大きな出来事の引き金になる

 

 

 

蝶の羽ばたき

 

 

 

かもしれません。

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから