MENU

BLOGブログ

日常

ネコネコレスキュー

2022.07.12

ネコネコレスキュー

 

 

 

 

 

 

現場に行くと

様々な動物に会います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日も

ニャーニャー

 

 

 

鳴き声が聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さん曰く

天井近くのダクトから

聞こえるね

とのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その日は

同じ現場で

3つのチームが分かれて

作業をしていました

※わたしはコレを「トリプル(現場)」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしはその3か所を

ぐるぐる巡回しながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道具や材料を補充したり

掃除をしたり

整理整頓をしたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進捗確認をして

終了時刻をできるだけ

揃うように

フォローしたりしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巡回を繰り返し

足の裏がイタイなー

と思い始めた頃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出入り口のシャッターを通り過ぎようと

したときに

横から

ニャー

と聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

????

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よくよく耳をすますと

シャッターの電動スイッチから

ニャー

と聞こえるではありませんか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも壁だしなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏かな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思って、

隣の部屋に入ってみるも

壁。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんに許可を頂き

壁のビスを外して

シャッターのボタン

(スイッチボックスと呼びます)

をパコ

 

 

 

 

 

 

 

 

っと

取ってみてもいない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、明らかに

板一枚 裏側に 居る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは耳が良いので

索敵能力が高めなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはさておき

表裏で言うところの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

反対側スイッチボックスの壁も

一部

めくらせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニャー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには

目が閉じたままの

ビショビショになった

子猫がプルプルしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から鳴いていたこと

 

壁と壁のスキマを

高い位置から落下して

一番下まで来ていたようで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親猫も

入れないような

狭い所だったのもあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レスキューしておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな子猫も洗って

毛を乾かしたら

三毛猫でした。

 

 

 

 

 

 

 

アイコンの猫みたいになるのは

未来のお話

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから