MENU

BLOGブログ

日常

図面無くても作れるもん

2022.07.04

図面ナイけど

こんなの作ってほしいです

ご用命を頂く時があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時

対応する人によって

進め方が全く違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターン1

 図面書いて下さい。

 

パターン2

 任せてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらの方が良い対応でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言うのは

結果論になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業担当が

どちらの対応にせよ

最終的にお客さんが

納得してくれたらOKなわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に、

「満足いただけるものが出来る」

という前提で

パターン1と2を比較してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターン1

 図面書いて下さい。

製作サイド:リスクなし(自分でミスしない限り)

注文サイド:面倒くさい、設計コストがかかる

 

 

 

 

パターン2

 任せてください!

製作サイド:どのようなものを作るか考える必要あり

注文サイド:楽、設計コストもかからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実問題

図面ナシで注文頂く場合

 

最終的に、

「満足いただけるものが出来る」

という可能性は低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この可能性が低い要因を考えてみます。

 

・お客さんの完成イメージ有無にかかわらず、修正入る可能性あり。

・製作者がヘンなヤル気を出す。

・製作者はお客さんのニーズを掴もうとしない。

・お客さんの完成イメージを理解することは困難。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このやり取りは

「設計コスト」をどこが負担するか

とも言い換えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にあるあるなのですが

図面ナシ製作してNGだったあと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文句言うなら図面書いて下さい!

と職人さんは言いがち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言い分は理解できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも納品前にそれじゃダメ

って言いましたよね!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このパターンの時は

作り手が「作り手の良いと思う物」を作る

をしたとき、

よく起こります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業としては

現場に今ある設備を見たりして

「既設(既にある設備)のコピー」

から始めてほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さん:図面ナシで作れますか?

職人さん:できますよ!任せてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが出た時は

!!CAUTION!!(コーション)

警戒アラートを鳴らした方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘンなスイッチ入ると

高確率でミスる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして営業の忠告は聞きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは建設業に限らず

クリエイティブな仕事をする人に

共通する

ヘンなヤル気あるあるです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事をするとき

テンション上がってる(舞い上がっている)

人が居たら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶっかけてあげてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納涼

納涼

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから