MENU

BLOGブログ

日常

電力料金が上がると溶接コストが上がる

2022.06.27

電力料金が上がると溶接コストが上がる

 

 

 

 

電力不足と言われ

当社も電力不足は直接的にダメージがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

当社のウリ「溶接」は

電気を思いっきり使うからです。

 

 

 

 

 

 

 

さて

そもそも

何故電力不足なのか

 

 

 

 

を知るために

電気のことについて勉強していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の発電設備のザックリ割合

 

75% 火力発電:LNG、石炭、石油

20% 再生可能エネルギー発電:水力、風力、地熱、バイオマス、太陽光

5% 原子力発電:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【地熱発電】

地下に浸透した雨水が

マグマの力で加熱されてできた

蒸気を利用して

電気を発生させるのが地熱発電

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【バイオマス発電】

未利用の木材資源や、

下水汚泥、一般廃棄物などを

リサイクルして作られた

バイオマス燃料を

燃焼し電気を発生させるのがバイオマス発電

 

 

 

 

 

 

 

 

これ火力じゃね?

と思っちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CO2削減!

カーボンニュートラル!

といって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーボンニュートラル

 

2050年までに

温室効果ガスの排出を

全体としてゼロにする

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに、

排出は減らしつつ

木を植えまくって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光合成を増やして

二酸化炭素

+-0にしましょう!

という取り組み

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

厳しいので

 

日本が強い光触媒

(光を当てると化学反応するやつ)

 

 

 

を使うという発想になるわけですが

 

 

 

生成量を考えたら厳しいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと難しい話になりましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

二酸化炭素減らしましょう!

ゆーて

火力発電を減らして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原子力発電は

危ないから

減らして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電気自動車どこで売る気なのさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康の為なら死ねる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本末転倒なお話に見えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月でこの猛暑

 

 

 

 

 

 

停電したら

最悪やないか

※アツスギ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコンつけっぱなしの方が

お得ってテレビやってみたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度は電力不足だから

エアコン切ってくださいって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この前までつけっぱなしのが

省エネゆーてたやん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

前からエアコンやパソコンは

消そうよって

言ってたじゃない!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報操作がヒドイわ

ホント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

停電は多分するので

 

・懐中電灯 or モバイルバッテリー

・飲料水&生活用水

・カンパン(おいしい)

・停電したらヤバいので、肉や魚は調理しておく

・スマホの省エネモードを理解しておく

・エレベータ(密室)は出来るだけ回避

・非常時にバシバシLINEや電話してくる人の

通知オフ&着信拒否

※バッテリーを一気に持っていかれるため

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この辺りのリスクアセスメント(リスクの洗い出し)は

しっかりしておいた方が良さそうです。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから