MENU

BLOGブログ

日常

ホワイト企業の定義

2022.06.21

ホワイト企業の定義

 

 

 

 

「ホワイト企業に就職したい」

という意見を聞いたので

ホワイト企業について調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ホワイト企業に就職したい」

という人

「だいたい本人がブラック」

(何もできないことを棚に上げてくる)

 

 

 

 

 

 

 

 

で吹いたアナタは優秀層

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々調べてみて

書いてあったことに

メスを入れていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ホワイト企業の特徴】

・離職率が低い

・福利厚生の充実

・残業時間が少ない

・社員の年齢層に偏りがない

・明確な評価制度がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・離職率が低い

→無能がわんさか居るパターンもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・福利厚生の充実

→聞いてる本人が

福利厚生を何か理解していない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・残業時間が少ない

→残業したからと言って生産性上がる訳でもない

とはいえ、

「定時で帰る」を目的にするなら

「働かなくていい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・社員の年齢層に偏りがない

→これがホワイトという根拠は謎。

若い人が不要な会社もあれば

年長者が不要な会社もある

 

 

 

この特徴はよくわからない

「若い人が辞めてしまって20代30代が居ない」

前提で書かれていたけど

 

 

 

そもそも採用してない説は

何故考慮されないのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・明確な評価制度がある

→仲間を評価するのに

仲間の稼いだ金で

飯を食う輩が居る。

 

 

 

 

 

 

評価制度が明確であればあるほど

管理コストが かさむ

 

 

 

 

 

 

 

 

精度が高い=項目が多い

からだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仲間の稼いだ金で

飯を食う輩に

飯を食わせた後の飯

 

 

ということに

何人が気付いているだろう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ホワイト企業の基準】

・給料を詳細に記載する

→手書きの帳簿で、

現金支払をしている会社は

払っていない賞与を

現金で従業員に渡したことにしている

コトが多い

 

 

 

※ちなみに当社は電子化しているし

給与明細もちゃんとしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・不正がない

→お父ちゃんお母ちゃんでやってる会社で

いい加減な仕事するな

と感じる会社があれば

「基本、不正している」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不正を経営と勘違いしている経営者も多く

見分け方としては

マーケティングについて

説明してもらってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不正をしている経営者は

勉強がそこで停まっている

※主に昭和バブルで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから横文字一つ

説明できない傾向にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・給料が高い

→ブラック企業も高いでしょ

 

そもそも給与が高いって

いくらのことを指してるの?

 

 

 

抽象的な表現は

人々を惑わす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・勤続年数の長さ

→うちの会社まだ13年目なんですけどーー

何年が長いの?

 

 

 

 

 

 

裏を返せば

その会社しか知らない人が多いってことでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

それってホワイトだとは思うけど

単なる単色って

どうなのさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・パワハラ・モラハラが無い

→ハラスメント気にする人

だいたいハラスメントに遭う説。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもう

明らかに本人のせい。

※100%そうとも言えないのが

困ったところ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言ったもん勝ちの現代

いつでも、誰でも被害者になれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弱そうに見える

傷ついた

立ち直れない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手のタイプを

自分たちの船に載せないことが

現代の採用担当の仕事

だとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ

ホワイトだの

ブラックだのの

モノサシで測る人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100%他責思考なので

検討の余地無しってことで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮に自分なら

「残業できますか?」

って質問するけどな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイト&ブラック基準なら

 

残業できる=ブラックに1ポイント

残業できない=ホワイトに1ポイント

 

ってことなんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問の仕方

プロじゃないと

思いつかないもんかなー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このカップ

上から覗いたら

何色に見えるんだろうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに

中身を注ぐのは

アナタだということですよ

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから