MENU

BLOGブログ

日常

利を見ては義を思い危うきを見ては命を授く

2022.06.20

利を見ては義を思い危うきを見ては命を授く

 

 

 

人格と教養を備えている人は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利益になることがあれば

それを得るのは正しいか

どうかをまず考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急の際は

命がけで

救助に当たる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう意味の論語

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人格と教養を備えて行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教養というのは

テストで満点とること

では無く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学問・知識を

身につけることで養われる、

心の豊かさを指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々なことを知るからこそ

より良い選択をする

材料が増える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると

意思決定するときに

自信と安心が増える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしていくことで

人は

豊かな心を育むことができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もしていない人が

不安になるのは当然で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安になっている人は

自分が思っている量の

努力が足りていない可能性がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安な人は

自分が自分を誉められる

努力をしてみると良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘い話に気を付けて

いざという時は

すぐに動ける準備(覚悟)をしなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というお話

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから