MENU

BLOGブログ

日常

その身正しければ、令せずして行わる。

2022.06.14

その身正しければ、令せずして行わる。

は、

中国の孔子の言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

自分自身が正しく行動していれば、

命令しなくても人は動く。

 

 

 

 

 

 

 

逆に

自分が正しく行動していなければ、

命令したとしても

人はそれに従わないだろう。

 

 

 

 

 

 

 

という意味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉には

命令する人

命令される人

 

 

所謂(いわゆる)

上司

部下

 

が登場します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは

どちらの目線で

この言葉を受け止めましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この言葉の解釈は

人の上に立つ人は

周りのお手本になるように

正しい行動を心がけなさい

 

というものが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

命令される側の目線で言えば

命令する側は

正しい行動を取るべきだ

とも捉えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして

これは良い考え方なのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい

正しくない

という2つの選択肢から選ぶ考え方を

「2元論」と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物事を

〇 か ×

善 か 悪

天 か 地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で判断する

2元論が必要なシーンも

多くあることでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正義と悪を語る際

悪もまた

悪側の正義であるということを

理解しないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その身正しければ令せずして行わる

 

 

全ての人に言えることであり

 

自身の正義を貫く事

(自分の正義を信じること)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを行動で示しつつ

 

相手の正義も理解する努力をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お互いの正義を理解した先に

共存できる

第3の選択肢があるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが2元論の間にあるもの

だと思う。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから