MENU

BLOGブログ

日常

ホモフォンについて語ろう

2022.06.10

ホモフォンとは男性同性愛者の電話ではありません。

 

 

 

 

 

 

「同音異義語」

を英語で

homophone(ホモフォン)と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、現場にお手伝いに行っている時

職人さんが作業している近くで

防炎シートを座って畳んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

防炎シートとは

溶接やサンダーの

火花が周りに飛ばない様に

するときに使う

白いシートのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急に

職人さんが

「たたんでください!」

「たたんでください!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というもんだから、

「畳んでますよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言いながら

立ち上がったら

ゴンっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

既設架台(もともと、ある機械載せる台)

から

棒が出てて

立ち上げる位置に

ちょうどいたから

注意を促してくれたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ^ω^)・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「立たないでください」

と言ってほしかった!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなら

「上、気をつけて!」

と言ってほしかった!!!

でも

これは上を見ながら

顔を上げがちだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意喚起も

真剣に考えると難しいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「たたんでください」

名古屋弁なのか?

とも思いつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道具は、

同じものでも

 

 

色々な呼び方が

あることは

 

 

以前のブログでも

紹介してます

 

※ブログの記事の一番下で

検索できるので

興味ある方

調べてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそう

業界の営業さんに

ありがちな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場の事を知らないのに

知った風な営業を

見分ける

一つの方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「せんようせつ」

について、説明してください。

※漢字で書いてくださいでも可。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場の知識のない人は

 

ほぼ、間違いなく

「線溶接」

と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しくは

「栓溶接」

穴が空いたところに

溶接でフタをする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、穴埋めをするので

 

穴の大きなによって

 

難易度が上がっていきます。

 

※そもそも内容が全然違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場の経験が無くても

「栓溶接」と答えられる人なら

仕事を依頼しても大丈夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「線溶接」と答える人は

仕事を依頼する時は

注意した方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

溶接には

点溶接

栓溶接

突合せ溶接

全周溶接

 

 

 

 

いろいろあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まっすぐ線の様に溶接する溶接

 

 

線溶接

 

ではなく

 

「連続溶接」

 

と伝えるようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門用語は

ちょっとズレてても

意味が通りやすいものもあるため

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打合せの際は

相手のレベルを見極めて会話すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知った風なことをせずに

素直に

一つ一つのことを

質問して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知識を経験としていきましょう

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから