MENU

BLOGブログ

日常

オンライン面接入室のタイミング

2022.06.08

オンライン面接入室のタイミング

【遅くても】

スタート時刻の5分前入室

をお願いします。

 

【早い分には】

15分前に入って頂いても構わないです。

 

 

※「〇〇さんが入室しましたよ」とメールが来るだけなので

逆に前の面談をしていれば

画面の上部に「〇〇さんが入室しました」とバナーが

ピコって出るだけです。

 

 

 

 

 

※一般的なマナーが、おそらく

2022年6月現在

確立はされていないので

 

 

ここからは

あくまで個人的な感想

で書いていきます。

 

 

 

 

 

リアルの面談や商談は

時間ピッタリや5分前が良しとされてきました。

 

 

 

 

 

 

 

オンラインは

ネット接続の不具合が

出る可能性があるため

 

早めの入室をオススメします。

 

 

※オンラインで、

約束の時間に入室が無い場合

そのまま連絡無し欠席

になることも多そうです。

 

 

 

 

基本的には

・開催側が【入室許可】を押す

・参加側が【オーディオに接続する】を押す

をしないと

 

 

参加者側が映ることはありません。

 

 

 

 

 

 

 

なので、

 

【受ける側の手順】

 

① 参加者はPCだけ立ち上げてアクセスしておく

 

② 開催側に許可されても

準備が整うまで

焦って、オーディオ接続しない

 

③ 準備ができたら、オーディオ接続して

ミュートOFF

ビデオON

を実施する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理想的な形は

5分前に

「こんにちは」

2~3分前に

「ちょっと早いですが始めますか!」

が理想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラブルはつきもの

入室できない時に備えて

緊急連絡先を聞いておくこと

(当社は052-614-5800に連絡ください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン慣れして いない人は

会話の間(ま)の取り方に

苦労するかもしれません。

 

そんなときは

相手が話終わったあとに

1、2

と数えてから

話を始めると、ぶつかりにくくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、この記事を書く上で

いくつかマナー系のサイトや

本を読んでいると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退出時は、

企業側に切ってもらうのが基本ルール

と書いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしの場合は、

「お見送りさせていただきます。」

「右下の、赤い 終了ボタンを押して」

「ご退出ください」

とお声がけするようにしているので

 

 

気にせずに

退出頂けますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、ご縁があって

入社して頂いた際は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お相手が

どのような方であっても

「お見送りをする人」

で在ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真意は

いつでも聞いてください。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから