MENU

BLOGブログ

日常

製作の不具合事例の社内共有

2022.06.06

製作の不具合の社内共有

 

社内で展開された内容を基に考察していきます。

 

※ウチが出したものではないのであしからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

先週

お客さまから

協力会社 全社に対して

周知があったとされる内容です。

 

 

 

 

 

※当社の社内でも

迅速に周知されていました。

 

 

 

 

 

その内容より抜粋

 

 

 

【起きていること 4件抜粋】

 

 

 

・製品札を「製品の北面」(図面上の北)
に貼り付けるといった

「基本的な項目」が
北側に貼られていない問題。

 

 

 

 

 

 

 

 

率直な感想。

 

 

斬新な指示の仕方だな。

北かどうか

解る訳ないじゃん。www

 

でした。

 

 

 

 

 

 

どういう観点からそう思ったか

共有された内容に

(図面上の北)

という補足があったから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「北がわからない可能性がある」

と言うことを

理解している

と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなのにも関わらず

「基本的な項目」

とする矛盾を感じますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回共有された

現場の背景などを

そこまで詳しく聞けてはいないですが

これについては

指示の出し方が悪いのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起こるべくして起きている事象。

という解釈でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図面にボルト穴を記載する手間がかけられるなら

張り紙の図面も

張り位置を記載したらいいのにと思います。

 

 

 

 

 

A4サイズは

t0.09×210×297

このtはthic(厚み)を表します。

 

 

 

 

 

 

印刷業界に居た時

1枚3gって習ったけど

 

 

 

 

 

 

最近は4gって表記するところも

多いみたいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・同送品の送り忘れ問題。

建設業にはピッキングリストの概念がない。

建設業でも材料屋さんの物流センターには

ピッキングリストは存在する。

 

 

 

 

 

「送り忘れ」については

「送る」ことが仕事の物流業界から

学ぶべきだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、物流業界が

なぜ送り忘れがないのだろう。

と考えよう。

 

※人間が絡む以上、実際に0ではないのだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

物流業界にはピッキングリストと言う名前の

出荷票が存在する。

モノをピック(つまむ)するリスト=ピッキングリスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこに載っているものが

書いてある個数

ホントにあるか

 

 

優秀な企業であれば

ピッキング作業者(商品をそろえる人)

検品作業者

必ず別の人間が実施する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界はそこに注力しない人が多い。

というより意味がないと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さん

これをお願いします。

のあとのフローで代表的な2パターン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターンA

お客さん→営業さん

 

パターンB

お客さん→社長さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業に限定した体感の平均値

 

 

パターンA

お客さん→営業さん

伝達成功率 20%

 

 

パターンB

お客さん→社長さん

伝達成功率 5%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概ね伝わらないのです。

 

 

 

ちゃんとしてくれる営業さん

ちゃんとしてくれる社長さん

激レアだと思ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長さんが営業兼務してる会社は

タスク管理が

営業さんの4倍以上は

優秀でないと、

情報伝達は成功しません。

 

※数値の根拠は体感なので

ふーーん程度に思っていてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は

実際に作業する人までの距離。

営業専任よりも

確実に

階層が多いから。

 

 

 

 

 

だとすれば

 

 

 

 

 

 

 

 

規模の小さい会社なら・・・

という考え方があります。

人数が少ないということは

 

 

 

 

 

 

 

社長さんの負担が

規模の大きい会社よりも

数段大きいと言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の記憶力は

個体差はあれど

そんなに何倍も変わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同送品の送り忘れ問題

を解決するには

 

 

 

営業職の人に

キチンとピッキングリストを作成してもらって

作業する人に渡して

 

 

営業さんが自分で検品する。

(もしくはドライバーさんに検品してもらう)

 

 

ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・付属B&Nのサイズ違い問題。

 

設計工程・手配工程

いずれかのミスだと思われる。

 

B&Nは、おそらく

ボルト、ナットのことですが

 

 

ワタシは

BT、N

と表記します。

 

 

このように

専門的な用語は

コミュニケ―ションコストが上がる

※理解できる人が制限される

理解するために問合せが増える

答えるための、時間がかかる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人の入れ替わりが激しい業界こそ

専門用語を撤廃した方が良いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は

今日入った新人でも

「ボルトとナット」

書かれていれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりの人数が

「ボルトとナット」を

取って来ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたいかと言うと

「ボルトとナット」

を知っているけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B&N

と表記していることで

ボルトとナットを知っている人が

何割か抜け落ちる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボルトとナットを知っている人

・B&Nで省略する習慣の「ある」人

・B&Nで省略する習慣の「ない」人

に分けられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

B&Nと表記している時点で

情報伝達確率を100%から

100%未満に下げてから

発信していると言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「忘れを気付く人」

ベテランでなくても

新人で良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベテランしか気付けないような発信をしている時点で

ミスを減らそうとしているとは言えない。

これがワタシの自論。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・カバーの取外し忘れは、

同製品の製造に長く携わって頂いている会社さんで

起きている。

 

 

 

 

 

長く携わっている会社さんの

確立された仕組みがあっても

 

 

今日入ったばかりの人

初めて取り組む人

でない

とは限らない。

 

 

なので

最終チェックを

ロボットにすることで

全数チェックは可能になる。

 

 

 

製品に対して、異物とされるものを

スキャンして

アラートを鳴らすことは

現代の技術であれば可能である。

 

 

 

 

異物をスキャンしたら

その画像データを収集することで

作業環境に

その異物を置かない

という予防対策のための

情報収集にAIやデジタルは活用できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような抜本的な解決策があったとして

実際に

「取り組まない」

「有効性を理解出来ない」

「現実的ではない」

「常識的ではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と理由をつけて

 

 

 

 

 

 

 

 

「何もしない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシは

そんな大人な生き方が

好きではないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も花に水をやる

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから