MENU

BLOGブログ

日常

巧遅は拙速に如かず

2022.06.04

92歳総務課長の教え/玉置康子著

という本のニュースを読んで思うこと。

 

 

 

 

 

 

複数の業務を同時に抱える玉置さんは

速さと正確さを両立する仕事術を持っている

 

 

 

 

 

 

 

 

年長者に対して敬意は持っていますが

92歳でスピードを語るのは

いささか厳しいのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

見ても居ないのに

 

思ってしまうワタシは三流思考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読み進めていくと

ご自身の仕事には

 

 

 

 

「前工程」

「後工程」

 

 

 

を意識してお仕事をなさっているそうです。

 

 

 

 

 

 

具体的には、

 

 

前工程の努力を無駄にせず

後工程に良い形でバトンを渡す

 

 

と解釈されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玉置さんが仕事を依頼した時

「はい!わかりました」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と返事をして

「締め切りを確認しない」

人も居られるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事をもらったら

必ず

納期を確認しましょう

 

 

 

 

 

と教えてくださっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

過去の経験から

仕事量を見て

 

 

 

 

 

どれくらいの時間がかかるか

予想を立てること

 

 

 

 

 

 

※わたしは仕事に仮説を

立てることを推奨しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の経験は

業務日誌を書いて

振返られるよう

 

 

 

にしておくそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも

仕事の優先順位の基準の付け方

が書いてあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「仕事の重要度」

「期限の切迫度」

 

 

 

優先順位をつける

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当書籍では

「巧遅は拙速に如かず」

(こうち は せっそく に しかず)

 

 

 

 

ついて説かれています。

 

 

 

 

この言葉の意味は

 

 

 

 

 

いくら上手でも遅いよりは、

下手でもよい

 

 

 

 

 

という意味のコトワザです。

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業やベンチャー企業では

このコトワザが

正義だったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

これは

相手があってこそなので

率先して下手にやる必要はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

92歳の玉置さんは

「巧速」(こうそく)

を心がけてい居るそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは

「ミスを起こさないコトが最速の仕事術」

だと

いう考え方から来ているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを実現するために

同時の作業を行わない

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンで

複数の案件ファイルを

開いたままにしない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のアタマも

同時に別の事を考えない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

シングルタスクの高速化

こそが

巧速への道

だと理解しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その為には

普段から、

掃除、整理整頓の習慣化

が欠かせないとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を語るか よりも

誰が語るか

パワーを感じたお話でした。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから