MENU

BLOGブログ

日常

市場価値を高めたい若人が多い

2022.06.03

市場価値を高めたい若人が多い

 

 

 

 

 

 

良い心がけではあるけど

市場価値を高めたいという人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市場価値上がらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実績の話で

ワタシが思う

市場価値が高いと思う人

社内外20人に聞いてみた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員

市場価値を高めようなんて

思ったことない

 

 

 

 

と口を揃えます

 

 

 

 

 

 

 

やっぱそうですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを聞く

キッカケの出来事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新卒の採用面接で

冷たいこと言ったな

と反省しつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中途半端に

おだてても

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時は

気分よく終わるかもしれないけど

結局は何の意味もない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

その人に為になる事を言った

つもり

※タメには成ってない感じだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を言ったかと言うと

キャリアパスについて

質問をしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社に入社したら

3年後、どうなっているか

5年後、どうなっているか

教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修は

どんなことが

どの頻度

でありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え

研修については

要望頂ければ用意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個別に

長所を伸ばすものを用意する

こともあれば

短所を補うものを用意します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし

研修を受けた

からと言って

アナタが仕事できるように

なるわけではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修は受けなくても

デキるようになる人も居るし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな良い研修を

繰り返し受けても

デキない人は、デキません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

3年後、5年後

アナタがどうなっているかは

わかりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※九分九厘、辞めて居ないでしょう

思いましたが

言うの

かわいそうだし

我慢しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3年後、5年後の目標を設定し

計画的に動ける人は

 

そうでない人より

 

 

倍以上の成果をあげる研究結果も

知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントは2つ

・目標設定

・それに対する行動力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもそうだけど

目標設定が出来ていて

それに対する行動で来ている人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の未来を他人に委ねない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で決めて

自分で進むこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時として

過ちを認めて

方向や目標を変えたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の力を頼ることを覚えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の力を借りるにしても

子供の指導を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家庭にキックバックしてくる

学校の先生の話は

どうなんだろう?

とも思いますけどね。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから