MENU

BLOGブログ

日常

犬と猫のマイクロチップ情報登録

2022.06.02

令和4年6月1日から始まった「犬と猫のマイクロチップ情報登録」制度

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬と猫に

マイクロチップを埋め込む

取組。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注射で体に直接埋め込みます。

 

 

迷子や行方不明になった動物を

飼い主に返還できるように

情報を入れておくそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【引用】

環境省自然環境局 総務課 動物愛護管理室

犬と猫のマイクロチップ情報登録に関するQ&A

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html#Q13

 

 

 

 

 

ブリーダーやペットショップといった

販売業者以外から

犬や猫を譲り受けた場合には、

マイクロチップの装着は必須ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、装着するように努めてください

努力義務 だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで

動物を捨てる人が減る?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捨てる人の事情は

察して余りあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捨てる人の精神性は

理解出来そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと動物を捨てる人は

動物を傷つけてでも

マイクロチップを

体内から取り出して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイクロチップは

叩き割るでしょうし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物は捨てるでしょう

しかも

マイクロチップを

えぐり取られた状態で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬や猫が死んだら

指定登録機関に

死亡の届出をする必要があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品種にもよりますが、

犬は生後2週齢、

猫は生後4週齢

頃から

マイクロチップを

埋め込むことができる

そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このニュースを読んでいて

思うこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、

最終的に

人間にやろうとしてるでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物愛護管理法って

法律の名前らしいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに

人間も動物ですもんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで映画みたいな話やな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイキャッチ画像はキツネさん

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから