MENU

BLOGブログ

日常

どれだけお客さんのことを考えられるか

2022.05.31

お客さんというのは

自分に対して

投資してくれる人を指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごはん屋さんであれば

注文してくれるお客さんは

美味しい料理を出してくれるだろう

という期待をして注文をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さん目線

美味しい料理が出てこれば

投資 成功

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理が口に合わなければ

投資 失敗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事であれば

問題無く終わってくれるだろう

という期待を持って

 

発注していただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとそこには

施工側、売り手側の主張する

品質までは

 

あまり求めていない気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり求めていない

というのは

無事に終わる事の難しさが

工事にはあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到底、

飲食業では

許容できないミスでも

許容されます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物販やってたら

化粧箱と呼ばれる

外箱が

 

少し凹んでいたり

汚れていたり

するだけで

クレームになります。

※この「だけで」に価値観が出ます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配管工事はどうでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斜めになっている配管があれば

 

 

基準の梁(ハリ)が

どうたらこうたら

言い訳する人もいます。

 

※どう見てもナナメじゃねーか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回忘れものをして

遅刻してくる業者さんも居ます。

 

 

※ハッキリ寝坊と言えばいいのに

最初から分かってるからね

 

 

分かってても

 

発注せざるを得ない状況が

かつて

ありました。

 

 

それくらい労働人口の減少がヤバいんですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初対面でタメ口をきいてくるおじさんや

つまんない冗談で

ケラケラ笑っている人もいます。

 

 

※久しく見てないけど

何度出禁にしようと思ったことか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまで経っても敬語を覚えられない

眠たそうな新人さん

 

※まーた怒られてるけど

Mっ気が強いのかな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キチンと面と面があってないフランジ

 

 

※現地で合わせてよ

どうしてプロと同じやり方するの?

あなた仕事できないじゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚れたステンレス管

 

 

※あんなに踏むなって言われたのに

下請さんが踏んだ?

 

 

 

しらねーよ

誰が踏んだかなんて

 

 

 

 

知ったこっちゃねーんだよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片付けもろくにしていない現場

※片付けは苦手なんです・・・

ははは

 

 

 

 

 

 

仕事苦手って言えや!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げしてある完成品の床を

配管引きづって傷付けるバカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挙句の果てに

僕らじゃありません

って

そこのエリア

お前らしか居らへんやろ!!!

 

 

 

 

 

※クソが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と色々に申せども

終わって行くのが工事です。

 

 

 

 

 

 

 

そして

そんな理解しがた出来事たちに

ド畜生が!!!

という気持ちを内に秘めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不思議過ぎる。

この世界を変えるために。

今日も頑張ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

飲食店で偉ぶるのも

建設業は多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

異業種でいくと

コンサルやメディア系も多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世知辛い世の中だこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、

不屈の精神で

現場を終わらせようと

日々奮闘してくれる人も居ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな人たちは

どこで

何をしていようと

輝いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が輝けるかどうかを

環境に求める人は

どこに行っても

輝くことはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冷たいかもしれませんが

そういう人が多いから

日本はこの後

終わります。

 

 

 

 

※私が死ぬ頃には

純日本人は希少種になるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

きっと

 

 

戦う時が来る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

今、自分に投資してくれる人を

大切にしないといけません。

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから