MENU

BLOGブログ

日常

発言量が多い人が集まる会議体の進め方

2022.05.29

発言量が多い人が集まる会議体の進め方

 

 

 

 

メモ書きをしてもらってから
発表してもらう

 

 

 

 

 

理由としては

まずは紙に書き出すことで
思考を整理してもらう効果がある

 

 

 

 

 

その後
発言してもらうコトで簡潔に
伝えてもらう。

 

 

 

 

 

 

このような工夫をしているそうです。

 

 

 

 

 

当社の会議は
決まった人が話をする

 

 

 

 

 

 

日本企業によくある
残念なスタイル

 

 

 

 

 

発言量は少ない人が多く

発言する人はスタンドプレイになりがち

(自分がそのスタンド使いの一人です、スミマセン)

 

 

 

 

 

 

 

そう言うこともあって

オンライン会議では

メモ書き

1on1ミーティング

を導入しています。

 

 

 

 

 

 

メモ書きは

言いたいことを書き出す

 

 

 

 

 

 

1on1で

書いたことを「言う」ことで

伝える力を付けて頂いています。

 

 

 

 

 

 

 

伝えるのが上手ではないから

反感を買うといけないから

反論されるとイヤだから

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちはわからなくもないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間関係は

宝探しに似ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洞窟を掘り進んでいくと

宝があります。

 

 

 

 

 

 

 

それが

1km先なのか

100km先なのか

 

 

 

 

 

はたまた

10cm先なのか

 

 

 

 

 

 

 

人間関係の破綻は

あと一振り

諦めて

引き返す

ことと同じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの人がこうやって言ってた!

えっ!?

そんなこと言ってたの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう話しするのやめよ!!

(これが諦めて洞窟を引き返す行為)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんであんな言い方したの?

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、背景としてこういう理由があってね

本当はこう思ってたんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

あの場では、あのように

いわないと困る人いるでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな会話ができて、

納得する理由があれば

わかり合えるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間それぞれ都合があります。

情報収集や人間関係は

諦めたらそこで終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人脈を大切に想うのであれば

飽くなき好奇心

で人と接する必要があります。

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから