MENU

BLOGブログ

日常

建設的ではない会話をする建設業

2022.05.28

建設的ではない会話をする建設業

 

 

 

建設的な話とは

物事を前進させるための

前向きな話

としてよく使われる

 

 

 

 

 

 

 

建物を作って行く

前向きな建設行為をしている

我々の業界について

 

 

 

 

 

 

 

 

当然

十八番(オハコ)

かと聞かれると

全くもってそうではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

業務上、皆のメールボックスを

チェックすることがある

 

 

 

 

 

 

 

 

すると

とあるお客さんから

やる気あるの?

的なメールを見つけた

 

 

 

 

 

 

 

 

その時、

このお客さんは何と

答えてほしかったのだろう

 

やる気ないです

 

というのも違うと思うし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気あります

 

って思われてないから

聞かれている訳で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やる気あります

からの

だったらなんで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というマウント取りたいが為に

言ってるんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは安易に想像がつく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業テクニック的な話をしてしまえば

頂きたい答えを引き出すために

質問を用意するのは

当たり前にすることで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は

自分の都合だけを理解してほしい

営業さんが

建設業に限らず

増えたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、

当社からしてみたら

そんな人は営業職ではない

ただのド素人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業は

大きな工事も多く

現場専用のSNSが

閉鎖環境(決まった人しかアクセスできない)

で存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで目にかけたのは

お客さんのお客さん→お客さん

への

超絶なディスり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容こそ忘れましたが

いい大人が

程度の低い事やってんなー

(家でも偉ぶってんのかなー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偉そうだなー

(偉いのは大手の看板が偉いんだぞー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に仕事したくないなー

(わたしとすることはないだろうけどねー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と普通に思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の業界も変わりませんが

建設業も

漏れなく建設的な話をデキる人は少数派

 

 

 

 

 

 

 

言うことを聞いてくれなくて

駄々をこねる人と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何もしなかったことを

人のせいにする

ダメな大人も

いーーっぱい居ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも諦めずに

粛々と

業務を遂行してくれる人も居ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社は、

コミュニケーションを大事に

キチンと仕事していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

全然デキてないけどね!!

くぅ~~

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから