MENU

BLOGブログ

日常

新卒を〇ヶ月で辞めてみた

2022.05.27

新卒を●ヶ月で辞めてみた

 

 

 

 

新卒を3〜6ヶ月で辞めてみた

というYouTubeが思いのほか

いっぱいあります

 

 

 

 

 

 

今は

そんなの当たり前なのかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

イヤなら辞める

が市民権を得ている時代です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故か

金になるから

 

 

 

 

 

 

 

誰が金になるからか

採用支援会社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人口が減って来ているので

中古を売ることをしないと

 

 

 

 

 

 

 

在庫切れ起こします。

 

 

 

 

 

 

 

早期退職した新卒を

新古車のように

 

 

 

 

 

 

 

第二新卒という

訳のわからん

名前で販売したりします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあ新卒本人は得するか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはNOです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即辞めてる子をどう見るか

※あくまで個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

運がない子

 

 

周りにアドバイスをくれる人が居ない子

 

 

仮にアドバイスもらってたら
ブレインのレベルが低い子

 

 

調査能力が低い子

 

 

思考力が低い子

 

 

検索力が無い子

 

 

人に聞けない子

 

 

友達居ない子

 

 

 

親が残念

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総じて、

育たなそう

 

 

 

 

 

 

 

 

言い出したらキリがありませんが

 

 

 

 

 

要するに

一生懸命何か頑張って居たら

 

 

 

 

 

 

 

 

キチンと

アドバイスくれる人に

出会っている

 

 

 

 

 

 

 

つまり

人間関係を構築出来ている

というわけです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学で勉強頑張ってたら

普通に

教授と仲良くなります

もしかすると

キャリアセンターの人かもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

バイト頑張ってたら

そこの社員さんやバイトの先輩は

社会人かも知れません

そんな人たちに相談することも

するでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

サークル、習い事

色々なコミュニティに

接することが多い大学時代

オンラインだからこそ

現役人事と出会うこともあるでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

オンラインビジネススクールで

建設業の設計を志す

女の子に出会いました

大手行ってからウチ来てねw

って話しときました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな自分も

新卒で入社した会社を

半年で辞めたから

人の事は言えません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は

建前半分、本音半分で

自分のしたい事業部が切り離されたから

と答えています

 

 

 

 

 

 

 

 

裏の理由は

この社長の下で働いていたら

この社長を超える事はない

と思ったからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

従業員を超えるその会社は

教祖並みに

求心力のある社長さんで

そのうち名古屋市長選に出るんじゃないか

と言われてたりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁそこの話は

どっちでも良いですw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのくらい魅力的な経営者だったというコトです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながら

今は辞めてよかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その社長さんには未だに

勝っている

とは思いません

※そもそも今は意識してない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなりに

なりたい自分には成れている気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ最近

共にブログを投稿していた子が

退職したとき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「楽に生きること」

を言葉として贈りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真意は

自分が正しいと思ったことに

正直に生きること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログを読んでいたら

答えにたどり着けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでいなければ

たどり着かないかもしれないし

自分で考えるかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だがそれでいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシも彼女の真実に辿りつけるかは

わからないけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真実に向かう意思は

捨てずにいようと思う。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから