MENU

BLOGブログ

日常

日本語には音読みと訓読みがある

2022.05.17

日本語には音読みと訓読みがある

 

 

 

音読みは元々中国由来の読み方

 

 

 

 

 

その漢字の持つ意味を解釈して

日本語に翻訳したのが

訓読み

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、

読む時

3文字内は音読み

4文字以上は訓読み

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語には

同じ漢字でも

多くの読み方があります

 

 

 

 

 

 

 

どんな字が

読み方が多いと思いますか?

ヒント:正解は2つあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え. 生 と 下

それぞれ12通り

 

生は

1:せい

2:しょう

3:いきる

4:いかす

5:いける

6:うまれる

7:うむ

8:おう

9:はえる

10:はやす

11:き

12:なま

 

 

 

 

 

 

 

送り仮名カウントするんかいーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったい人は

ワタシと仲良くなれます。

 

 

 

 

 

 

 

1:か

2:げ

3:した

4:しも

5:もと

6:さげる

7:さがる

8:くだる

9:くだす

10:くださる

11:おろす

12:おりる

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ

辞典によっても

この数も違うらしいので

まあ正確な情報というよりは

ザックリ正解で受け取って頂けたらと

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

わたしたちが仕事で使う工具も

(ってワタシは使いません)

同じ道具なのに

 

 

 

 

 

 

 

ジャンルによっては、

全く違う呼び方をします。

 

 

 

 

 

 

 

例えば

ラチェットレンチを

ラチェットレンチと呼ぶ人は少なくて

 

 

 

 

 

 

ラチェットレンチ

シノ:配管屋

ガチャ:機械屋さん?

 

 

 

 

 

 

 

 

レバーブロック

レバー:40代以下の人はこっち

ガチャ:50代以上の人に多い

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワーイ

ジャパニーズ ピーポー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ガチャ二つあったら

持って来い

言われても分からないでしょーーーー?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘイ アメリカン ピーポー

 

 

 

 

 

 

 

 

作業を見て

どっちが必要か

見たら解るし

 

 

 

 

 

 

 

 

言われる前に用意しとけ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーーマイガッ!!!

オ・ヤ・カ・タ・サーーーーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラチェットレンチは

右上の

ツンツンできそうなやつのコト

 

 

 

 

 

 

 

 

これでアナタも

オ・ヤ・カ・タ・サーーーーン

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから