MENU

BLOGブログ

日常

現場で動物を救助してみた

2022.05.15

プラントメンテナンスのお仕事で

現場にお邪魔していました

 

 

 

 

 

 

 

 

工場というのは

地域にもよりますが

様々な動物と

出会えたりするものです。

 

 

 

今までは

三重県だとサル

滋賀県だとシカ

岐阜県はハクチョウ、タカ

 

 

 

 

関東事業所では

カブトムシ

もやってくるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして地元

愛知県では

ネコ、トンビ、カラス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

比較的メジャーな

どこにでもいる動物たちと

出会ったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場は安心するのか

雰囲気が好きなのか

隠れるところが多いのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も2匹の子猫に出会いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一匹は手のひらサイズの子猫で

生まれて間もないのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通路に

ちょこーーーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と座っていて

工具を取りに行った時に

横を通ったら

じーーーっと

見てました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な道具を手に取り

振り返ると

 

・・・居ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんと逃げるんだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いながら工事も順調に進み

休憩時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニャーニャー

鳴き声のする

工具置き場へ戻ってみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通路に居た白黒のぶちネコが

機械の陰に隠れていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そっと手に取ると

腕の中で

くるんっ

寝る体制

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逃げないんだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

あげる餌も

時間もないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナデナデして

そっと

台の上に戻してあげると

フォークリフトの

下に逃げていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふむふむ

人間の手の届かない位置を

良く理解してて

エライですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしていると

また工具を取りにくる機会があり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふと

猫のことを思い出したわたしは

猫なら

こんな時どうするのか

考えた結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由落下

から

四つん這い

で着地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という結論に居たりまして

フォークリフトの横に立って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フッと

落ちて

バッと四つ足着地を決めて

下を覗いてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イルトオモタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして捕獲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてリリース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで

計3回ほど

捕まえたわけですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝から聞こえる

ニャーニャーの声の主は

この白黒ぶちじゃないんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捕まえてるときに

違うところで

ニャーニャー言ってたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事も終わり

片付けの時に

どうも気になって

ニャーニャーの声を辿ってみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場のピット

とよばれる

工事の時以外

人が入らないような

地下的な所から

聞こえることがわかり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫が下に要るっぽいんですけど

救助してきていいですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とお客さんに聞いたら

快くOKしてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エキスパンドメタルで作った

重たい蓋をはずして

 

 

 

 

 

 

懐中電灯を持って

 

 

 

 

 

 

 

タラップと呼ばれるハシゴを

降りていくと

ニャーニャー

ピットも大きいので

懐中電灯で照らしながら・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

見つけた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには

 

やせ細り

汚れた

 

一匹の猫が居て

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おーーい

という人間の呼びかけに

一歩出たり

一歩戻ったり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると

目も閉じていて

見えない様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなこともあろうかと

普段から

「猫が寄ってくる猫の鳴き声」を

チャンネル登録しているので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを再生すると

弱弱しい足取りではあるものの

トコトコと

近寄って来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怖かったんでしょうね

 

 

 

 

 

 

捕まえると

腕をよじ登り

肩にしっかりとツメを立てて

 

 

 

 

 

落ちないように

しがみついてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは幸い!

工事用のタラップは

ちゃんと「3点支持」を守って

 

 

 

※両手・両足の

4つのうち3カ所が

接していないとダメ

という安全ルール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昇っていくことが出来ました。

ピットから脱出して

救助成功!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逃げていくだろうと

地面に

そっと置いてあげると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨタヨタと

まだよって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

汚くも

救助した猫なので

もう一度抱きかかえてあげると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また

腕に巻きつかれるわ

肩に乗られるわ

なめられるわ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

命の恩人ですもんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫も恩とか感じるのか

と思いつつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前が見えないのはかわいそうなので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目ヤニで塞がって

見えない目を

開眼させてあげました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見えるようになったとたん

ビックリしてましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助けたの

人とかって

わかるやろ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手に思ってましたが

子猫じゃわかりませんよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子猫が

白雪姫だったら

目覚めたとたん

 

 

 

おもてたんと違う!!!

 

 

 

って反応するんだろうなーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

猫とたわむれたし

現場も無事終わったし

ヨシヨシ

っと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分が猫側だったとして

誰も何もない真っ暗な

崖の下に落ちて

目が見えなかったら

声や音のする方に行くだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が通りかかるか

補償もない所で

鳴き続けることができるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きる本能か

諦めない精神力か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子猫から学ぶことも多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに目を開けて

でっかい人間と目があったら

ビビりますわね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進撃の巨人ってことですもんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猫の気持ちも考えつつ

本日も一日頑張りましょう

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから