MENU

BLOGブログ

日常

広告は多くの人へ伝えるために

2022.05.13

インターネット広告について

出してもいないのに語ってみる

 

 

 

 

アフィリエイトはご存知でしょうか

広告出して

誰かがクリックしたら

お金もらえるやつです。

 

 

 

 

 

 

 

そんなアフィリエイトの世界で

業界ごとの平均クリック数が出てたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じ

業界          平均クリック率(GDN)

デート・出会い     0.72%
旅行・観光       0.47%
擁護団体        0.59%
自動車         0.60%
教育          0.53%
不動産         1.08%
健康·医療        0.59%
法律          0.59%
金融・保険       0.52%
Eコマース       0.51%
産業サービス      0.50%
家庭用品        0.49%
求人          0.59%
消費者サービス    0.51%
技術          0.46%
B2B          0.39%

 

 

 

 

 

ちなみにGDNというのは

google ディスプレイ ネットワーク

の略称

 

 

 

 

 

 

 

 

Googleさんで検索する時に出てくる広告のこと

を言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他にはYDNで

Yahoo! ディスプレイアド ネットワーク

というのもあります

 

 

 

 

 

 

 

アドの切る位置が気になりますが・・・

DNを揃えたかったのでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

以前のブログで

楽天とAmazonのユーザーの利用の仕方が

違うという話をしたことありますが

 

 

 

 

 

 

Yahoo!とGoogleも

同じような対比ができます。

 

 

楽天・Yahoo!の共通点

過去に特定のキーワードを
検索したことがある人に
広告を表示する方法

 

つまり、
服屋さんが並んでたら
色々なお店を見て回るタイプの人
へのアプローチが得意

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーザーが閲覧しているページの
内容・閲覧履歴などをもとに、
広告を表示させる

 

 

 

 

 

 

 

これは、
この人はこれ系が好きっぽいよ
というデータを基に
似たジャンルのものを広告として
表示するのが得意

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazon・Googleの共通点

キーワードを設定することで、
そのキーワードに関連性が高いサイトに広告を表示する

 

 

 

 

 

 

つまり、

過去の行動や嗜好というより

今調べているキーワードに対して

これもどうっすか!?

みたいな広告の出方になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく言えば今の気分を反映した

提案型とも言えると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッチな産業や

ピンポイントで狙い撃つには

Googleさんのフィールドで

展開する方が良くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

興味ある人ない人を区別せず

とりあえず数を集める

母数優先型で行きたい場合は

日本型になるのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような背景は

アメリカの人口が

日本の2.7倍も居るから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有効な母数を獲得できるから

有効な母数を増やしたり

より提案型で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

潜在顧客層(興味がない、知らない)を

顕在顧客層(興味がある、買いたい)に

するための検索方法なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に何かを提案したりするときは

 

過去のデータや情報を活かすパターン

今の意見を反映して新しいものを提案するパターン

 

 

この二つを使い分けられると良いですね

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから