MENU

BLOGブログ

日常

学びは人を成長させるしファンも増やす

2022.05.08

休み明けからスタートする

eラーニングの研修プログラムって

 

 

 

 

 

 

どんな内容なの?

 

 

 

 

 

と質問を頂い来ました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外な人からだったので

 

 

 

 

 

 

つい

えっ!?

興味あるんですか?

と聞き返しちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

失礼ですが、意外でした!

とわたしが続けると

 

 

 

 

話し方を勉強しようかと思ってて

そういう内容があれば視聴しようと思ってる

 

と仰られてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立場がどうあれ

前向きな人は応援したくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえずその方は

お話はヘタではないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィラーなくすだけで

オッと

思わせることができると思います。

 

 

※フィラーとは

えーーー、あーーー、

などの話が上手な人に出やすいアレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁエラそうにコメントを

言えるほど

ワタシも上手でもありません

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなワタクシ

話し方を現役アナウンサーの先生に

習い始めて

ちょうど半年

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで習った

話し方は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらかというと

このブログ、

ライティングに活かしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月の安全衛生推進会議は

出席率も高かったこともあり

実は

3月までと話し方を変えました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を引き込む話し方と

人を引き込まない話し方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシはこの2つの話し方を

TPOによって

使い分けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き込まない話し方って

役に立つのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役に立つんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にセミナーのような集合研修では、

聴講しているだけ状態は、

眠くなる人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

これを全員引き込むような話し方が

出来れば理想的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員引き込む話し方には

準備が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのような準備かというと

ファンを集める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

「聞く状態」が整っているお客さんだけを並べる

という

前提条件が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康食品を売るのに

健康な人に売るよりも

健康になりたい不健康な人を集めた方が

売りやすいというワケです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して

 

引き込まない話し方

の使い道

オンラインでの

グループセッション

1on1ミーティング

 

 

などのワーク中心の取組

「考える」作業を参加者にしてもらいたいとき

 

あえて

引き込まない話し方を使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テクニックとしては

引き込む話し方と共通していることも多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短く話す

引き込む、引き込まないに限らず

聞く人の頭の上に、

それぞれ違ったタイマーがあると思ってください。

 

 

 

 

 

 

将棋のタイマーが分かりやすいです。

一手打つと

カチ

とボタン押すアレです。

 

 

 

 

 

 

つまり

人は、アナタの話を聞いてくれる

制限時間が存在し

アナタが話ている間は

ドンドンその時間は減っていき

相手の話している時は

そのタイマーは止まっています。

 

 

キーワードとそれ以外で声の大きさを変える

わたしは、愛知県に住んでいます。

 

この文では、「愛知」「愛知県」だけ

ハッキリ発音したり、

少し大きく声を出します。

 

 

 

話すトーン(高低)を変える

好感を持ってもらいたいときは、高め

(電話出る時の高いやつです。)

説得する際や重たい話をする時は、低め

 

 

 

 

 

話すスピードを変える

相手を引込たいときは、遅く

 

内容よりも雰囲気で押すときは、早く(マシンガントーク)

 

 

※これらは相手のタイプや、内容によって

組み合わせを変えないといけないので

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

話し方教室で習った内容では無くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業時代

1対多

の場面で

プレゼンテーションをするときに使っていた技法です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを

話し方教室で習うコトでアレンジして使う訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1対1

1対他

他対他

 

で、

話し方も変えないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味ある方は

いつでもお声がけください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僭越ながら

話し方教室開講させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭申し上げた

フィラーについては

1対1で

コールドリーディングする場合は

(信頼関係を早期に構築して伝える技術)

意図的に使います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのお話はまたの機会に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から2週間

Eラーニング習慣が始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠くなる動画でありませんように!笑

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから