MENU

BLOGブログ

日常

数字はモノサシであり方角を示すもの

2022.04.30

先日開催された

 数字の研修

について

紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修のゴールを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日から実施する

・付加価値の向上

・コスト削減

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に設定して

 

 

 

 

 

 

 

 

ワークを交えながら

議論しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の目次はコチラ

1数字の研修のゴール
2権利と義務の話
3コスト意識の必要性
4具体的なコスト意識
5具体的な手法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆーて

時間の都合上

1と2しかできませんでした。

※予告の時間でキッパリ終わるタイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

実際のワークはコチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーク1

明日からデキる

・付加価値の向上する手法を書き出す

・コスト削減の手法を書き出す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書き出したものについて

意見交換を実施しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさまのお答えをいくつか

 

 

 

・職人さんや材料屋さんの得意分野を把握して

得意領域でメンバーを構成する

 

 

・お客様、仕入先問わず信頼関係を築き

付加価値をしっかり訴求していく

 

 

・新規開拓を実施する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の問題を振返ってみます

 

「明日からデキる」

・付加価値の向上する手法を書き出す

・コスト削減の手法を書き出す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

時間制限付きの課題

であるというコト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

中長期的なプロジェクトではなく

個人レベルでのアクションプラン(行動計画)

正解に近いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは

どこまで具体的であり

再現性が高いのか

再現した時の有効性はどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

限られた時間の中で

ここまで

考えるのは

少し難しいかもしれません

※数分でしたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2権利と義務

 

「権利」と「義務」

どちらが先か

考える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テストで100点取ったら(義務)

ゲームを買ってあげよう(権利)

この約束に対し、ゲームを先に買う親が居るか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

あくまで説明ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時点で

異論を唱えたのは

関東事業所の工場長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「テストで100点取る」権利

を得られた

考えたらダメなのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と質問を頂きまして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたくし

即刻、負けを認めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たしかに

自分の価値観だけで

物事を考えていたし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この1通りでしか

シチュエーションを

イメージできてなかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんだけ

ポジティブな子なんですか!?

思わずツッコミましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしが

井の中の蛙マインドでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーク2

「権利」と「義務」どちらが先か

 

副題

利益を30%アップさせましょう(義務)
給与を10%アップしましょう(権利)

この約束に対し、
義務を果たせなかった場合にリスクを負えるか?
未達成確定時に給与の返還ができるか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この問題も

なかなかに意見が出ました。

こんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・一般的には義務が優先だが、

知る権利に関しては

義務よりも権利が先にあるのでは

 

 

 

・答えがだせなかった

 

 

・目の前の義務に向き合って権利に向かって行く

 

 

・利益をだす為に仕事をしているのが大前提である

 

 

・コストダウンすれば勝手に利益が上がる。
いい所を伸ばすという社風的には
それが義務なのでは

 

 

・利益のある仕事を見つけて行く事が必要で、
売上あがれば自然と還元されるはず。

 

 

・自分の立場と逆の立場を優先する事が正解

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構

おもしろい意見が出たと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にナイスと思った

本社工場長の名言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給料上げるなんて

言われなくても

利益を出すようにやるけどね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから