MENU

BLOGブログ

日常

愛されキャラでなくても信頼関係を築く方法

2022.04.29

人から好かれる人は

信用できるのか

 

 

 

 

 

 

 

答えはNOです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気者

愛されキャラ

が居たとして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰と仕事がしたいか

という投票を行うと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか

愛されキャラが

上位に

上がってこない

という現象が起きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで言う愛されキャラの特徴

・怒らない

・断らない

・話を聞いてくれる

という共通点を持っていたりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

接しやすいコト=仕事を一緒にしたい

には

直結しづらい

と言えます。

 

 

※仕事上という限定的な話で

プライベートとは

前提条件が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では

仕事上でいう

信頼とは何なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは

一貫性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランディング

と言い換えても

いいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

ブレない方針

ブレないキャラクター

 

 

 

 

 

 

 

逆接的ではありますが

常にブレるキャラクター

ある意味

一貫性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前

メンタルモデル

という言葉を紹介したことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話の次の展開を予測させながら

話を進める

 

この「予測」の部分がメンタルモデルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

今からカレーを作ります。

材料を用意します。

 

と言うとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時点で

ニンジン

ジャガイモ

肉...

 

 

 

と聞き手は、

聞き手のカレーを

イメージしながら聞きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニンジン

ジャガイモ

肉...

 

 

と話をされれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無意識的にも

(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

と納得します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この

(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

を産むのが

メンタルモデル

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じシチュエーションで

大根、とうふ、みつば...

と言われたらどうでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ゚Д゚)ハァ?

カレーでしょ?

それ味噌汁じゃないの!?

とかなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態を

メンタルモデルが崩れている

と言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待を裏切るというポイントでは

アリなのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

期待を裏切る=信頼度は落ちる

 

 

※意表を突いたものは

期待を裏切る=信頼度は落ちる

を経て

予想外の良い結果をもたらす

から信頼が増えます。

(成功しても、信頼は落ちたままの場合もあります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の例題で言えば

 

 

美味しいの作るけど

普通のやつ作ってくれないよね

 

 

 

というのは

ある意味、信頼度が落ちている

と言っていいでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では

どの状態を目指すべきか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かい事言わなくても

きちんと対応してくれるだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思って頂く事が

信頼関係を築けている状態です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

普段の仕事上のやり取りでも

一貫性を持って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キチンと対応すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地道にコツコツ続けること

(メンタルモデルを崩さない)

こそが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼関係を築くためには

必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから