MENU

BLOGブログ

日常

失格か合格か

2022.04.24

失格か合格かで図る感覚は
手放した方が楽に生きられる。

 

 

 

 

私の事ではないですが、

 

 

よく、
料理も掃除も苦手。
そんな私は母親失格ですか。

そうよ
※後半に詳細アリ

 

 

みたいな相談内容を
目にする機会があるのですが、

 

 

これは

 

 

 

そんなことないよ。
あなたは十分頑張っているよ。
合格だよ。と言ってほしい、
他者からの評価に
依存してしまっている考え方で

 

 

 

 

 

仮に料理も掃除も頑張って
合格に持っていったとして

 

 

 

 

 

他の料理も掃除も
苦手な人を見た時
あの人は母親失格。と
決めつけてしまう。

 

 

 

自分に向いている時は
攻撃的にみえなくても
他者に向いた時に
とても攻撃的になってしまう、
誰にとっても得がない考え方のようです。

 

 

 

 

学校教育で受けた価値観を
大人になっても
引きずってしまう事が
原因として考えられるようで、

 

 

 

 

まず失格か合格かという
2択の考え方を手放して、

 

 

他者からの評価で
自尊心を保つ
その感覚を手放し、

 

 

 

自己完結できるような
思考に持っていく事が
根本的な解決だ。

 

 

 

 

と、
アドバイスしている人がいました。

 

 

 

 

手放す方法はアドバイスしないのかー
と思いながら聞いていましたが、

 

 

 

私は忙しくしてればいいんじゃないか。

と、思いました。

 

暇な時はグダグダ悩んでる傾向が
強いように思いますし、
ずっとそこに留まっているような
印象があります。

 

 

 

 

 

とりあえず行動してみて
暇な時間をけずる事が
一番近道なのかな。とも
思いました。

 

 

 

けど、母親業って、
特に子供が小さいとき、
行動に制限があって
でも時間はめちゃくちゃある
っていう期間なので、
こうゆう悩みが発生してきてしまうのかな。
とも思いました。

 

 

 

 

 

私も育休期間が暇すぎて、
フルートを始めよう!と意気込んだものの
子供が昼寝中できないや!となって
終了した事を思い出しましたw

 

 

 

 

自分にも他者にも
牙をむかず
是か非かで決めつけずに
生きていきたいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

料理も掃除も苦手。
そんな私は母親失格ですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この点について

 

 

 

 

 

料理と掃除が苦手なことを

母親

 

紐づけて思考するのは

マインドが貧相と思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

母なら

どれだけ子供を愛せるかだろ

 

 

 

 

 

 

 

 

親なら

見守ることが大事でしょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人の評価を気にしてるのは

子育て

でもなんでもねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

承認欲求に飢えた

タダの子供部屋おじさんor子供部屋おばさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校教育で受けた価値観

 

って言うけどさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校教育で受けた

 

国語・数学・理科・社会・英語

 

 

 

 

 

 

 

 

言い訳にできるほど

 

社会で発揮してんのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四則演算て何ですか?

って言わせねぇ

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

 

四則演算は

+ - × ÷

 

のコト

 

 

 

規則が4つあって

計算するでしょ

 

だから四則の演算

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それはそうと

私は忙しくしてればいいんじゃないか。

 

これは正解。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり本質を突いている

 

 

 

 

 

 

 

 

人は暇な時
=一生懸命していない時
=することが無いと思っているとき

 

 

 

 

 

 

 

 

環境の不満を口に出しやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文句を言う暇があったら手を動かせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は、

よく言ったもので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暇があるから文句が出るんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暇でなければ人はどうするか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人を頼る(素直になれる)。

ものごとに没頭する(集中する)。

他人を思いやる(他の人は大丈夫かな)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

母親業

って言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24時間勤務

無報酬

過酷なお仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ってやつですね

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の母たちは

強かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は

代行サービスもあれば

SNSで見知らぬ人

相手に愚痴を言うこともできる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の時代も少なくなったとは思うけど

頑張っているお母さんも居ると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで言う

頑張っている

 

 

 

 

 

 

周りからの協力も得られず

たった一人で

文句を言う相手も居なくて

一生懸命

子育てと仕事をしている人

 

 

 

 

 

 

指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というと

不快に思う人も居るかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

申し訳ありません。

 

 

 

 

 

私の価値観では

そういう人を

頑張っていると

表現します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じように

ご自身で

頑張っていると

 

 

 

 

 

 

主張なさったら

いいじゃないですか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は

私の価値観を申し上げているだけ

他人の頑張っているを否定はしていません。

 

 

 

 

 

 

 

お互いに

そういうことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分や他人に

牙を剥かない

ことは共感します。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、それが

牙が剥けない=牙の無い

が理由なら

 

 

 

 

 

 

 

 

牙のある猛獣に

一生勝つことはできません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物図鑑を開いた時

たくさんの動物が載っています。

 

 

 

 

 

 

 

牙の無い動物が

彼らを相手に

生き残れると思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

一生牙を剥かない猛獣も

また

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

存在しない。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから