MENU

BLOGブログ

日常

イクラ

2022.04.21

先日自宅にて
手巻き寿司をしました。

 

 

 

 

 

主人が言うには、
娘はイクラが好きだそうです。

 

 

 

 

 

以前本人に聞いた時も

 

 

 

 

 

好き!

 

 

 

 

 

 

と言っていたので、

 

 

 

 

 

 

イクラも買って
手巻き寿司をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

でもなんか違和感。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は一度も
娘がイクラが好きだなぁと
思ったことがなく、

 

 

 

 

 

 

その日も同じように思いました。

 

 

 

 

 

 

 

「イクラあんまり好きじゃないんじゃない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

と本人に聞くと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと遠慮しながら

 

 

うん。

 

 

と言いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切ない~

 

 

 

 

 

 

 

好きだよね。って

 

 

 

親が嬉しそうに言ってたから

 

 

 

 

気を使って受け入れる、

 

 

 

 

 

親の目を気にする行動に

切なくなる母。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の子は小さいときから
そういう傾向が強く、

 

 

 

 

 

 

 

 

2歳の時から、
下の子が寝るまで、
自分が寝かしつけられるのを
じっと待っていられる子でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

下の子は我が道を行くタイプで
好きなように生きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

産まれ順の差なのか
持って産まれた性質なのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

けど
私は末っ子ですが
子供の頃サンタさんがくれた
セーラームーンのお人形が

 

 

 

 

 

 

全然ほしいものじゃなかったけど

 

 

 

 

 

 

せっかく親がくれたしと気を遣い
サンタさんにとても嬉しいと

 

 

 

 

 

 

 

お礼の手紙を書きましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを思うと
産まれ順は関係なく
性質なのかなと、思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父親は
結構な気ぃ遣いみたいなので、
受け継いだのですかねー。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私的には受け継いでほしくなかったw
ま、悪い事ばかりじゃないけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな
手巻き寿司をした時の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の男子は

元々、気ぃ遣ぃいいな男子が多かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

由来を聞いてみると

配管屋というのは

現場で「気を遣うポジショニング」であるとのこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめは

なんで?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思いましたが

 

大きめの工場を新しく建てる時に

お声がけ頂く事が多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工場新設の際

工程的には「配管屋」が現場へ入場するのは

比較的 後半戦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地面や床があって

壁も

屋根も

ある状態から

入ることが多い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設工事と言うのは

元々何もない所に

建物を建てていくお仕事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配管屋は後半戦に入場して

同時期に入場する

様々な専門職

 

 

 

 

 

 

 

電気屋さん、パネル屋さん、保温屋さん

ダクト屋さん、機械屋さん、計装屋さん

etc

 

※もっといっぱいあるんだけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と共存しながら

仕事を進めることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、

場所によっては

配管の隣にダクトが通ることもあれば

配管の下に電気のラックが走ることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションがうまく取れていないと

配管をやる前に

ダクトや電気が設置されてて

 

 

 

 

 

 

 

 

できないじゃん!

みたいなことも起こります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

共存する業者さんと情報交換しながら

気を遣いながらw

仕事を進めるため

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の職種よりも

オラオラ系が少ないです。

※個人的な感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからは気ぃ遣える人は少なくなるから

価値は高まると思いますよ

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから