MENU

BLOGブログ

日常

評価面談がはじまりました

2022.04.20

評価面談がはじまりました

 

人事評価制度がございます。

 

 

 

 

 

 

 

各部門にて

・行動評価

・能力評価

という2軸にて

 

 

 

 

 

 

基本的には

直接的な上司&部下

の関係性で

実施されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

割と先発隊として

わたしの面談は既に終わっており

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな話をしたかと言うと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新規雇い入れ教育の刷新

社是・社訓を公募する

公共工事受注に向けてのマーケティング戦略

人事評価制度(管理部門)刷新

採用枠の増設

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど盛りだくさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ

ちゃんと評価が通知表のように5段階で

出してくれるので

分かりやすい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回一つ

2の評価がありました。

※5段階の下から2つ目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

項目は

判断力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

評価内容としては

上司の指示がなくても適切な判断ができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん・・・ (゚д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くね!?w

それ

良くね!??www

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思いつつ

コレ作ったのマジで誰だよ!! 笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適切な判断してるのに2ってw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

面白いから許す!!

(どの立場!?w)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに

ちょっとかわいそう

ということで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人事評価制度(管理部門)刷新

のご用命を頂いたのでは?

と勝手に思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社は同じ職種で

等級と呼ばれる

いわゆるレベルみたいなものがあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レベル1~7が存在します。

(職務によってはレベル5まで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レベル1~2 初級

レベル3~4 中級

レベル5~7 上級

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのゾーンに分かれていて

評価項目(内容)が

それぞれ異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の刷新では

初級ゾーンを

後輩ちゃんが未来の新人さんに向けて

 

 

 

 

 

 

 

 

中級ゾーンを

私が後輩ちゃんに向けて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・行動評価

・能力評価

 

この2軸で書き出してみる

ことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のポイントは

 

 

未来の後輩に求めるもの

自分たちはちゃんとクリアできるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人に求めるコトは

何の分野でも

とても難しい事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なりたい自分像や

なってほしい後輩像

を言語化することで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己研鑽をすること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採用時に

自分たちがどこへ向かっているかを

具体的に伝える指標になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

考えてもらっています。

 

そして自分も考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に考えてくれる

相方が居るのは有難い事です。

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから