MENU

BLOGブログ

日常

2021年本屋大賞受賞作品

2022.04.15

図書館の人気図書は
予約して1年くらい
届きません。

 

 

 

なので少し古いですが
ちょっと前に届いた本
町田そのこさんの
「52ヘルツのくじらたち」
2021年本屋大賞受賞作品
だそうです。

 

 

 

 

私はそんなに読書家じゃないので
あまり参考にならないかも
しれないのですが、

 

 

読書家じゃない私も
一気見できるような
すごくおもしろい作品でした。

 

 

おもしろいという表現が

適切ではないような題材ですが、

 

 

書き方が分かりいやすく
情景が浮かびやすく
また、
心が惹かれる題材でした。

 

 

 

久々に本を読んで
泣いた、そんな感じの本でした。

 

 

 

本を読むのっておもしろいかも。
と、思える本でした。

 

 

 

おすすめです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館の取り寄せるシステム使ったことない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

52ヘルツのくじらたち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

容赦なくネタバレしていきましょう!

※ネタバレNGな人は読まないでね

この余計な一言書かないといけない

そんな世の中はポイズン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

52ヘルツのクジラは

他の鯨が聞き取れない

高い周波数で鳴く、

世界で一頭だけのクジラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

52

って名前で呼ばれていたんだって

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くのクジラは

15~25ヘルツ程度の周波数

で鳴くらしくて

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの仲間がいるはず

なのに何も届かない、

何も届けられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため、

世界で一番孤独だと言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この物語の登場人物は

 

自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚(きなこ)。

 

母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独だからこそ

愛を求め、

 

 

 

 

 

 

 

 

人に

裏切られてきた

彼らが出会うことで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お互いに変化が生まれていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というお話のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人は

出会う人によって

変化する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分ひとりで変化できないとき

こそ

チャンスです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人を頼りましょう

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから