MENU

BLOGブログ

日常

転職における評価ポイント

2022.04.06

転職における評価ポイント

 

 

 

 

資格や専門的なスキルは

足の裏の米粒である

 

 

 

 

 

取らないと気になるけど

取ったからといって

食べられるものではない

 

 

 

 

 

 

 

 

では

何が評価ポイントなのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは

働きぶり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資格や専門的なスキルは

同業界の同業種

であれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再現性も期待できるものの

自社よりもノウハウがあるか否かは

面接で測りきることが難しい

※モグリの人は見抜けます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで

業務実績を伺っていくわけですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢が高くなってくると

管理部門出身の方も増えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その実績が

部下が実現したものばかり

ご自身のプロジェクトへの関わり方を伺うと

進捗管理だけしていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という回答が少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは

実務の業務改善や

新規営業先でお客様へメリットを難しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業務改善には肩を並べて

実務を行って

急所を体感して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの程度の負荷なのか

仕事の急所(ボトルネック)が

どこなのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

創造性の無い

御用聞きだけの営業は

足で稼ぐとは言わない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DXが進む現代では

足ではなく

アタマで稼ぐ

を求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の本質を見抜き

いかに

心地よく

効率よく

目的を達成するかが

争点になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の働き方を

自分自身で振返って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の自分が求職者として来たら

一緒に働きたい!

思えるかどうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思えているのに

内定が出ない人は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと受けてる会社の価値観と

大きくズレているからでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の価値観と

会社の価値観を

見極めることができないと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい転職なんてできません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにコレ

採用担当目線のエピソードですが

求職者目線での個人的な体験談です。

 

 

 

 

 

 

つまり

然るべき会社

へ行き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運命の出会いをしなさい

と言うことです。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから