MENU

BLOGブログ

日常

世界の幸福教育

2022.04.05

今回は、幸せについて

 

 

 

 

世界の教育の仕方の違いを

書いて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

日本に居て

子供の頃に

出会う童話は

何が思いつきますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃太郎

花咲じいさん

かぐや姫...

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも

たくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それらの多くに見られる

共通点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔々の話であること

お爺さんとお婆さんが登場すること

「お金持ちになること」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の

「お金持ちになること」

(大判小判、お宝の山)

 

 

 

 

 

 

 

 

と直接的に表現されることも多く

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃に

お金持ち=幸せに暮らす

と刷り込まれて育っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方で西洋の童話といえば

 

 

 

 

 

グリム童話が有名だったりします

 

 

 

 

 

 

シンデレラ

狼と七匹の子ヤギ

赤ずきん

 

 

 

 

 

 

 

 

王子様と幸せに

 

 

 

 

悪いやつをこらしめて

家族と幸せに

 

 

 

 

 

 

という

結末が多めで

 

 

 

 

 

 

 

たまにラッキーで財宝を得たりしますが

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的に

 

 

 

 

誰かと居ること

普段の生活を

 

 

 

 

幸せ

 

 

 

 

 

 

 

と位置付けているコトが多い

 

 

 

 

 

 

 

人口10万人あたりの自殺者数を

世界の172か国で算出すると

 

 

 

 

 

 

 

日本人は 18位/172か国

 

 

 

 

 

日本:18,475人

世界の平均:9,901人

 

 

 

 

 

 

引用:世界・人口10万人あたりの自殺者数(年齢調整値)ランキング

http://top10.sakura.ne.jp › WHO-GHE161

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の平均の2倍くらい自殺します。

 

 

 

 

 

 

つまり

幸せの教育は、上手に行わないと

 

 

 

 

 

お金持ち=幸せ

貧乏=不幸

 

 

 

 

 

 

という構図になる訳です。

 

 

 

 

 

 

 

今あることを大切に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今一緒に居る人を大切に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

幸せを感じることが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来

幸せになるためのヒケツ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金じゃないっていう人に限って

お金持ってない人多いですよね

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから