MENU

BLOGブログ

日常

自分の都合と相手の都合、自分の勝手と相手の勝手

2022.04.02

わたしはAmazon派である。

ポイントを考えると

楽天派の言う事も多々理解できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

わたしは欧米かぶれなので

Amazon派であることは揺るがない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天パンダのスタンプはよく使う

実に都合の良い話だ

 

 

 

 

 

 

 

 

さて

今回はネット販売の話・・・

というよりは

その後の物流の話

 

 

 

 

 

 

 

ご存じの方も多いでしょう

物流業界は大忙し

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな業界の末端では

不在スルーが

流行ってきている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

荷物を届けて

 

 

 

不在であれば

不在票を書いて

 

 

郵便受け等に投函

再配達手続きを待つ

 

 

のが

普通の流れ

 

 

 

 

 

 

 

しかし

めちゃめちゃ荷物がある時や

1軒だけ遠くにある場合

 

 

 

 

 

 

不在→翌日配達

にすれば

そのエリアに行く効率を

高めることができる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的には

今日

Aさんの家に1個だけ

翌日

Bさんの家に1個だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日

Aさんの家

Bさんの家

に届ける方が

そのエリアに行く回数が1回減らせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを配達員の勝手で

強制的に実施するのが

わたしが名付けた

不在スルー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これができるのは

佐川便、ヤマト便などの有名どころ

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなく

その大手の人手不足をカバーする

下請企業(個人や小規模な運送会社)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運送業界の下請企業は

相当に原価割れで仕事を受けているコトが多い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の仕事で

大手のロジスティクスシステム(物流網)開発に

参画させて頂いたとき

業界構造や実際に働く人たちの声を聴いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界も同じではあるものの

下請企業は自分たちの活動が

原価割れしているコトに

気付いていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原価割れしているコトに

気付いていないくせに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配達効率を上げようと努力して

客観的に見たら不正

と言われるようなことをしたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郵便局員でいうところの

年賀状を川に捨てる

といったスタッフが出てくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしがプライベートで

出会った配達員もその一人なのだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Amazonからの荷物が

不在票も無く

不在のために持ち帰りました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不在のため持ち帰った

とされる

端末操作時刻は

家族が在宅している時間で

インターホンも鳴っていないという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

聞き逃しや不在票が飛んで行った

単純に不在票を書き忘れた

言い訳はいくらでもできる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日

荷物が配達された

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時配達員に

「不在票入ってなかったですよ」

と伝えると

「不在票入れましたよ」

と即答された

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから

何がわかるかを

考えてみてほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「不在票入ってなかったですよ」

「不在票入れましたよ」

 

 

 

 

つまり

同じドライバーであること

が確定する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

本当に不在票を入れたのであれば

「不在票入れましたよ」

とは答えない。

 

 

なぜなら

不在票が無い=有無の話

不在票を入れた=入れた、入れてないの話

 

 

話題が違うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここから分かる事

この配達員は無意識レベルで

話しを変えようとする

心理が働いているといえる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加えるならば

即答はありえあい

即答できる理由は

答えを用意しているとき

同じパターンを経験している

(熟練している)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上を総合的に見て

わたしが対応した配達員は

高い確率で

不在スルー

を使っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので

本部のお問い合わせに

対応不要で

1回目の不在スルーを

報告しておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に繁忙期は起こりがちなので

2回目も必ず起きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2回目も起きると思ったら

2回目にどのような対応を相手に求めるかを

想定して

1回目にキチンと相手方と

情報共有をした方が良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じミスを2回する人は

ちゃんと3回目もしますし

お約束の4回目もします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしのこの辺りの予言は

ことごとく当たります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスをミスと思わない人は

世の中たくさんいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重大なミスを犯しても

なんとも思ってないのか

へーちゃらで周りを

かき回してくる人も居ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言葉に覚悟を持てない

口先だけのやつに

自分がなっている

と思うことがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪は討伐された方が良いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

悪を守ろうとする

正義の味方もいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると

悪は自分なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身内ならば

悪でも守るのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正義の行動をする味方を守るためにも

悪を討伐する事が

私の正義だと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪を守る味方も

味方を守るという自分も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

己の正義を信じる以外

ないのかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから