MENU

BLOGブログ

日常

現場溶接で配管工事できますよ

2022.04.01

現場溶接で配管工事できますか?

 

 

 

 

 

A.できます。

 

 

 

 

 

 

現場溶接NGの会社もあるようで

 

 

 

 

 

 

 

普段、

当たり前にしているので

お客様のニーズはそんな所にあるのね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は

SUS管、SGP管問わず

(ステンレス・鉄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TIG溶接でのご用命が多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

理由としては

しっかりと溶接できる

火気(火花)が発生しない

仕上げの手間が少ない

(アーク溶接に比べて)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という点が挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その際に

工事に詳しくない方からの

お問合せも多く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

依頼の仕方が分からない

との声も少なくありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時はお気軽に

ホームページの問合せより

「やりたいこと」

を教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場溶接の際は

電源がお借りできるか

借りられるとしたら

200V(ボルト)・100V(ボルト)

どちらか

 

 

 

 

 

 

教えて頂けると

小型のポータブル溶接機を持って参ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電源から

溶接場所までの距離は何メートルあるか

も教えてください。

※延長ケーブルの準備のために伺います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電源がなくても

エンジン付きのTIG溶接機もございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは

いざという時、

100Vの電源にもなりますし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アークのホルダーを一緒に持っていけば

アーク溶接機にもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TIGだと届かない

手が入らない場所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思ったよりスピードが必要な内容だった場合

 

 

 

 

 

お客様に相談の上

TIG溶接→アーク溶接

に切り替える

 

 

 

 

 

 

こともございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

配管の現場溶接は

現合と言われる

最終繋げるパイプは

現場で測って

その場で作ることもあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様から良く求められる内容です。

サポートの溶接や漏洩補修も含め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場溶接は様々なジャンルで

対応させて頂いております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場での配管や溶接ありましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから