MENU

BLOGブログ

日常

ルールは何のために存在するのか

2022.03.29

ルールやマニュアルが好きな人多いですよね

 

 

 

 

 

 

 

組織というものを

木に例えてみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

芯になるところ

(木の中心)

理念や方針

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中に

こうなりたい!

こうあるべきだ!

 

 

 

という概念があるから

そこはブレずにまっすぐ

育ってほしいもの

 

 

 

 

 

 

 

ルールというものは

添え木のように思う人もいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしルールとは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何をしたらダメか

を作るのではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どう決めたら良いか

分かるのがルール作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

理念や方針がしっかりしていれば

ルールは自ずと決まっていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗黙の了解

暗黙のルール

なんてことを言ったりもします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

理念や方針を

共通認識しているから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合は

このように対応する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然と同じになって来る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが暗黙のルールであり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どう決めたら良いか」

分かるのがルール作り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とするならば

理念や方針を決定することが

ルール作りの第一歩であり

最終的なルール作り

でもあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成時代の漫画で

 

俺は海賊王になる!!!

ワンピース/モンキー・D・ルフィ

 

俺は火影になる!!!

NARUTO/うずまきナルト

 

という有名なフレーズがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは理念や方針

目的、目標と言ったものに

なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり物語の芯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに対して

幹が大きくなり

枝が分かれて行く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

あくまで

木の芯があり

木の幹があり

木の枝がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想いを強く持つことで

大きな木を作ることだってできる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには

ルールやマニュアルといった

言葉で記されたもの以外にも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賛同する者や協力者の存在が

強い想いを

大きな木に育てる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが人間賛歌というものです。

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから