MENU

BLOGブログ

日常

続いらん事考えちゃい屋さん

2022.03.16

私は朝が強い。

 

 

 

 

 

 

 

低血圧だけど

朝が強いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供が生まれてから

一度も音付きのアラームで

起きていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

バイブで起きてます。

 

 

 

 

 

 

 

けど最近考えたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝が強いわけじゃないのかもしれない。

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供に合わせて9時に布団に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

6時に起きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに寝なかったとしても8時間は寝てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

寝すぎなのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝が強いんじゃなくて

十分寝たから

起きちゃったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうなのかな。

 

 

 

 

 

 

 

胃腸的には

朝からかつ丼でも食べられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てことは

朝が強いのかな。

 

 

 

 

 

 

 

どうなのかな。

 

 

 

 

 

 

 

でも昔から

寝起きはいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

物心ついた時から

9時就寝が出来上がってたので、

用がなければ9時には寝ちゃってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

オールとかしても

私だけどっかで寝ちゃってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝が強いんじゃなくて

夜が弱いのかな。

 

 

 

 

 

 

 

てか

朝が強いってなんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

なんのはなしだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私は

いらん事考えちゃい屋さん。

(つまり落ちがない…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このブログは

二重人格でお送りしているので

オチは

ワタシが考えておくので

心配ナッシング!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8時間睡眠は

単純に健康的!!

 

 

 

 

 

 

 

ショートスリーパーの人は除いて

基本的には7~8時間睡眠が

健康に良いと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

当社の代表も

「睡眠」に関しては

重要視していて

 

 

 

 

 

 

心身を健康に保つために

「睡眠」はしっかりとるように

されているそうです。

 

 

 

 

 

 

数年前に

寝具メーカーのエアウィーヴさんを

お招きして

「睡眠の質向上講座」を開催したことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は今の社屋ではなく

開場をお借りして実施しましたが

 

 

 

 

 

 

集まらない、集まらない

 

 

 

 

 

 

 

 

睡眠の重要性を訴える事以前に

現場の突発や

緊急の応援要請に対応したことで

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくのセミナーが少人数開催となり

実質破綻していました。

 

 

 

 

 

 

 

これは取り仕切った

ワタシの計画、能力不足によるものですが

 

 

 

 

 

 

 

 

必要な知識や

普段の仕事以外の学び

に対して

 

 

 

 

 

 

 

 

時間を作れないのが

建設業あるあるです。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

新入社員って

元々その現場には居なかった存在です。

 

 

 

 

 

 

 

理屈で言えば、

現場から1日抜けても

あまり影響がない

と思いがちですが

 

 

 

 

 

 

 

現場サイドとしては

抜けられると困る。

 

 

 

 

 

 

 

 

が一般的な回答でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

 

事務方が

現場の大変さを理解していないこと

 

 

 

現場が

その他の情報を取り入れる余裕がないこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様な理由があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん

働いている分給与での差分は生じるものの

時間や個々の健康管理の難易度

 

 

 

 

 

 

 

を加味した時に

事務方と現場が仲良くバランスを取るには

どうしたらよいのか

 

 

 

 

 

 

 

これは

お互いがお互いの仕事に興味を持って

「自分はこの仕事だけ」という感覚を捨てて

 

 

 

 

 

 

 

仕事全体を自分事として捉えて

その上で自分の役回りを全うする

 

 

 

 

 

 

 

それには人間的なコミュニケーションが

不可欠だと思う訳です。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから