MENU

BLOGブログ

日常

e-FALCONを受けてみた

2022.03.15

e-FALCON(イーファルコン)を受けてみた

イーファルコンというのは会社名で

 

 

 

 

 

 

 

正式名称

 適性検査eF-1G(エフワンジー)

人材業界では

有名な適性検査ツールの一つで

他にも

 

 

 

 

SPI(エスピーアイ)

GAB/CAB(ギャブ/キャブ)

3E(スリーイー)

内田クレペリン

 

 

 

 

 

 

 

入社時に受けることは少ないと思いますが

ストレングスファインダー

という強みを見出すものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらは

 

 

 

 

人間性、考え方、パーソナリティ

思考力、論理性、数値能力

ストレス耐性

 

 

 

 

 

を数字で見える化するために

出来ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近では

ネガティブチェック

という考え方も増えてきて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社に対して

ネガティブ要素を入れない様にする

テストも増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人材業界では会社とのミスマッチは

良くある話で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先にミスマッチしそうな性格や思考の人は避けるために

実施されることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回受けた

イーファルコンは一言で言うと

その人の偏りを見るために

有効なチェックかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回能力チェックはしていないのですが

※なかったので

 

 

 

 

 

 

 

自分の学びスタイルが

客観的で、素直に満遍なく学ぶ

モラリスト人材

だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、誰!?

早々に、

この適性検査

信憑性ないって言ったの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でもそう思うわ

チクショウめ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職種適正は

外部への働き方というより

内部でのお仕事が

外部 4: 内部 6

の比率で適正だったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だとしたら

当社の社長の配置は合っている!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスポテンシャルという項目では

事業構築 65

運営管理 40

実行遂行 57

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・管理向いてない!!

うすうす自覚はございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ

 

他にも項目はあるのですが

 

ストレス耐性は

 

ちゃんと高かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

これは参考になるのやら

ならないのやら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どっちなんだい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーーーーるっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから