MENU

BLOGブログ

日常

ほっ〇もっ〇と言う名の救世主

2022.03.14

私は朝、

晩御飯の支度をしてから会社に行きます。

でもなんとも疲れちゃう日もあるのです。

何もやりたくない日もあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時、

晩御飯をほっ〇もっ〇の

唐揚げ弁当にした日がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

罪悪感を抱えつつ出すと、

 

 

 

 

 

 

 

 

子供大喜び!

パパも大喜び!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほっ〇もっ〇さんは偉大です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というか、

唐揚げってすごいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外食いっても

結構いろんなところで

唐揚げってメニューにあるし、

 

 

 

 

 

 

 

 

書いてあると

なんか食べたくなっちゃうし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家でも

毎週のようにリクエストに入ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜食べさせなきゃ。

とか

 

 

 

 

 

 

 

バランスよく献立考えなきゃ。

とか

 

 

 

 

 

 

 

 

考えて作っても、

結局あんまり食べてくれなかったりするし、

 

 

 

 

 

 

 

 

ほっともっとで大喜びされちゃうと、

自己満だったのかな。

※ゆーてもーてるやん

 

とかも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日なわけじゃないし、

たまにはこんな日もあってもいいですな!

 

 

 

 

 

 

 

みんな笑顔ならハッピー!

 

 

 

 

 

 

 

 

という事にしよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがたやありがたや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真トンカツやん!

 

 

 

 

 

 

 

 

唐揚げは

マヨネーズ派?

マジックパウダー派?

それとも

レモン派?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでいう

唐揚げ

鶏イメージしませんでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん合ってます

 

 

 

 

 

 

 

 

日本唐揚協会さん曰く

唐揚げは

油で揚げたものの総称で

鶏に限ったことではないと言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

からあげ

食文化を伝える上で

唐揚げ

と表記することが良いともされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

よくみる

若鶏の唐揚げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若鶏とは

生後3カ月以内の鶏

を指すそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しいけど

若鶏の気持ち考えたら

辛くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

畜産というものは

そういう物なんですけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が食べるために

産ませて、育てて、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いつつ

わたしは今日も「からあげ」を食べる。

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから