MENU

BLOGブログ

日常

声① 声は人なり

2022.03.09

私は自分の声が好きではないです。

 

 

 

 

 

 

声のせいなのか、

喋り方のせいなのかわからないけれど、

 

 

 

 

 

 

 

小さいころから

自分の声(喋り方)のマネをされる機会が多々あり、

とても嫌でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になって、

そんな事する人は減って、

遭遇する機会は減りましたが、

 

 

 

 

 

 

20代前半に

お友達と海外に行った時、

 

 

 

 

 

 

現地の外国人に

すぐマネされたのは衝撃的でした。

 

 

 

 

 

 

 

私はすぐに人になめられてしまいます。

大人になったのでもう慣れましたが。

 

 

 

 

 

 

 

身体的特徴、努力で

どうにもならないところの

指摘は好きじゃないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

悪口も度がすぎるときいていられない。

 

 

 

 

 

 

何も生まない話なら

口から出す前に

自分でブレーキかけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

付き合ってられないから。

 

 

 

 

 

 

と思います。

 

 

 

 

 

 

コンプレックスって

誰しもありますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

私はコンプレックスの中でも

本当に気にしている事は

口に出す事もできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

一部だけみて

全部を知るのは難しい。。

 

 

 

 

 

 

 

アンミカさんみたいになりたいなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やべぇ

 

コンプレックスがない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

先日も

コンプレックスについて聞かれましたが

ない

んですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

できないことや苦手なこと

人よりも劣っているところ=ハンデ

程度にしか思っていないので

 

 

 

 

 

 

 

コンプレックスとは思わないんですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとも

ここで言うコンプレックスとは

劣等感

 

 

 

 

 

 

 

学術的にいうところの

劣等コンプレックスを指している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来のコンプレックスは

複合

という意味で

 

 

 

 

 

 

 

心理学におけるコンプレックスは

複合感情

と呼ばれる

 

 

 

 

 

 

 

 

人の態度や行動、無意識、有意識

それらを通して

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な気持ちを持つこと自体を指します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは

悪口を言うタイプなので

反省をしつつ

※ろくでもねぇな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正義の反対は悪

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正義の反対は、もう一つの正義

という考え方を持つことも大事かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別に悪口を肯定してる

わけじゃないんですよ

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから