MENU

BLOGブログ

日常

新卒採用のテーマを考えて

2022.03.05

新卒採用のテーマを挑戦に

しようかと思ったけど

なんか違うような気がしてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挑戦とは

相手に戦いをしかけること。

困難な事にいどむこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事で挑戦する

競合他社に戦いをしかけること

=リプレース営業

(他社のシェアを奪いに行くこと)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

困難なことに挑むこと

難しい工事に挑戦すること

分からなくもない

 

 

 

 

 

 

でも、

難しいと思わない程度の工事を

キチンと竣工させること

が大事だと思ったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇〇できますか?

と聞いたら

やってみます!

という返事は

大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やったこともない事を

できます!

と嘘をついて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挑戦という名の元に

 

 

実力不足が初体験すること

ただの迷惑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っていること

デキること

は違う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見たことがある

知っている

も違う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本質を理解しようとしていない人は

型だけを真似たがる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アジャイル開発という言葉を学び

中途半端なまま

製品をリリースする

※売りながら、開発する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

客に迷惑をかけて

なにが

商売なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事業がサービス業に

なってくれれば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペンキをこぼしたら

ごめんなさい

も言えよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰一人

すみません

とも言えないのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業界全体の問題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族が居る人も居られるであろう

いい大人で

編成したチームでも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詫びることができない

大人を私は許せない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし

その場にいなかった

職人さんが

シンナーを持ってきて

無言でふき取りを始めてくれた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしはこういう

行動で示してくれる人が

大好きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客さんに謝って

一緒にふき取り作業をしていたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく

他人事だと思っていた

他の人も一緒に掃除をして完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事業がサービス業であるならば

タメ口で会話することもないし

偉そうな態度の人も減る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より楽しく、

気分の良い1日を

過ごそうと思うのなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス業から

学ぶことは

たくさんある

はずなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業の人は

エライ、エラクナイに関係なく

飲み屋さんが好きですね

 

 

※もっともコロナ前の話かもしれませんが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分のストレス解消だけに

サービス業を利用するのではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのような対応をされたから

横柄な対応をできた

つまり

安心できた

かを学ぶべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もらえる工賃や人件費が安い

という人は

基本的に

お客さんをお客さんと

思っていなければ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様なんて

考えたこともないから

安いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

接しづらいから安い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心して頼める

お願いしやすい人は高い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

需要と供給を考えたら

当たり前でしょ

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから