MENU

BLOGブログ

日常

文意が伝わる文章を書こう

2022.03.03

日本語の文意が伝わる文章を書く

 

 

 

 

 

 

 

文は

文字で書かれたまとまった一連の言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章は

文を連ねたもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文意は

文の意味

文章の中に述べられている考え

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文章は

文に音に+(プラス)と書きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージで言うと

テレビで話ている人の下に出てくる

テロップみたいなものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文意は

文に音に心と書きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来、

文章というのは

思いや考えを伝えるために書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり

文意を伝えるために

文章を書くわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

文意を理解しようとしない人も多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

文を書くだけでなく

話にも通ずることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例として

 

今のプランのままではダメですね。

 

こんなことを言われたとします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受取手によっては

このプランがダメ

このプランはダメ

 

色々解釈があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで

文意を捉えてほしいポイントは

「今は」

 

です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伝える側が

このプランがレベルアップすることを期待します。

ここをこうすれば良くなりますね。

良くなるノビシロありますね。

という思いを持っていたとしたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、伝える側が悪い

文意を伝える文章ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という見方もできますし

合っているとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

受け手が

文意を理解しようとしていれば

未来は違った

かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Difficult roads lead to beautiful destinations.

困難な道は美しい目的地へと導きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分なりに

文意を捉えてみると

困難は輝かしい未来へ繋がる道

ということです。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから