MENU

BLOGブログ

日常

質問は学びの扉を開く

2022.03.01

営業・人事・組織改善を専門とする先生との打合せ議事録から抜粋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在当社では、

採用窓口を2名体制で行っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

後輩ちゃんが専門家の先生と打合せの際に

聞いていた質問が良かったので2つ取り上げてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q1. 先生が以前仰っていた、

「採用の失敗は教育では補えない」

という言葉がとても印象に残っています。

 

 

採用の失敗が起きないように

気を付けるポイントや履歴書から判断する

基準のようなものがあったら教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

A1. 履歴書から判断するのであれば例えば、

 

 

誤字脱字がないか
→きちんとした仕事ができない。

 

 

 

表情を見る
→履歴書写真なども自分を良く見せる事ができているか、判断基準になる。

 

 

 

姿勢を見る
→指摘してもらえる環境にいなかったのか。腰が悪い。

 

 

 

歩き方を見る
→足を引きずって歩くような人はダメだ。足腰が弱い。

 

 

 

 

 

歯並びを見る
→しっかり噛めていない。胃腸が悪い。

 

 

 

 

面接2000人やった人は一番に顔を見ると言っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

職務経歴書からは、経験値の推測をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

同じところで20年やってるような人は我慢ができる。とか。

 

 

 

 

 

 

1年でやめる方は注意。
→我慢ができない。(スキルアップの為の転職は可)

 

 

 

 

 

 

 

 

転職理由で人間関係と言っちゃう人は

うっかりさんだから採用してはダメ。

 

 

 

 

 

 

 

自分が一緒に働きたいかなど、

主観を入れて考えればよい。

 

 

 

 

 

 

相性などは考える必要はない。

今いる社員がいつまでもいるとは限らない。

 

 

 

 

 

 

 

今が一番良い状態とも言えない。

 

 

 

 

 

新人が入るということは多少なりとも

異物が入るということで、

今いる人間も少なからず変わっていく。

 

 

 

 

 

 

 

変わっていけば良いのである。

 

 

 

 

 

が、

その新人が入ったせいで、

誰かが辞めたとか、

売り上げが減った、

クレームが起きた

 

 

 

 

 

 

などが起きた場合は注意が必要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

採用した後14日間は採用取り消しができる。

3か月間の使用期間はパートや契約社員などの方法をとってみては。

 

 

 

 

 

 

 

 

もし採用担当の意見が一致して採用した場合は振り返りを2人でする。

 

 

 

 

 

 

 

1か月後、3か月後、本採用後、など。

予想通りとか、期待外れとか。

 

それを次に活かす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q2. 同じような人が集まるより、

いろんな考え方の人が混ざり合ってる方が

企業としては成功する

 

 

 

 

と聞いたことがあるのですが、それは本当ですか。

採用の時に意識したほうが良いのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

A2.男女・年齢・宗教・性愛の違いなど、

多様だが、それをまとめていくには

対決するか受容するしかなく、

管理者の力が必要になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それができない中小企業が行っても、

ただ仲が悪くなって終わるんじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイ質問してますねぇ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「採用の失敗は教育では補えない」

これはワタシも恩師から学んだ言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

「教育で採用を失敗に終わらせない」

これは当社の支店長が教えてくれた言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総じて、つくづく

イイ人たちと出会ってるなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、両方とも真理だと思っています。

ただ、楽な方を取ろうとは思っていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が育ちやすい

環境づくりは先輩として行うべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、育つかどうかのポテンシャルは

本人の努力次第だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

以前、新人さんが

〇〇さんみたいになりたくありません。

と言ったと聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

その〇〇さんは年下ですが、

素直に尊敬できる

行動力と決断力と

しっかりとした目標を持った若者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな彼を

私は人として尊敬していますし、

認めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

その言葉は

休みも取らずに

責任感で激務を全うしている姿を見て

放たれた言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代、残業や休日出勤が悪とされる価値観

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

残業や休日出勤を肯定するわけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、

苦労は買ってでもする姿に

私は少しでも力になりたいと思いましたし

応援したい、協力したい

 

 

 

 

 

 

 

 

彼が余裕で休める

仕組みづくりや環境作りをしたいと

思う反面

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁはなりたくないという

忌み嫌う言い方をする人もいるのだと

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

そのセリフを言う人に

そこまで苦労することは無いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと

誰からも期待されていないし

誰からも信用されないと思うから

※大変なことから逃げる人に、人は頼らない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心して

自分のできること

言われたこと

だけ

地道にコツコツと頑張ってたらいいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

努力を努力と思う人

努力を努力と思わない人

(努力を楽しめる人)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢中になれることがある事は

仕事だろうと

遊びだろうと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人が輝く瞬間はソコしかないでしょ

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから