MENU

BLOGブログ

日常

個別メールアドレスの一斉送信DMはアドレスBANするよね

2022.02.25

最近では

広報や営業推進部門の人が

社員のメールアドレスから

お客さんに会社の

広報メールをすることが増えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇〇さんからメールだ

アポイントかな?

と思って開いたら

こんな感じ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------

名新パイピング株式会社
〇〇様

 

お世話になっております。
△△の□□です

 

BtoB企業様にとって、リード/商談獲得は共通する大きな事業課題ではないでしょうか。

 

弊社もBtoB企業として、さまざまな施策を用いて効率の良いリード獲得方法を
模索してまいりましたが、やはり近年はずせないのが「???広告」です。

 

今回は???広告に関するセミナーのご案内をさせて頂きます。

 

近年話題の???広告について、成功の秘訣や、
実際の出稿実績など赤裸々にお話しします!

お時間のご都合がよろしければ、ぜひ下記リンクからお申し込みください。

 

■申し込みページ:https://??????

 

-----------

 

 

 

 

営業さんの個人アドレスから来る

一斉送信DMあるある言いたい~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段、そんなメールの書き方しないのに

ビックリマーク使いがち

 

 

 

!多用するのは

LINEとかチャットコミュニケーションでしょ?

 

 

ビジネスメールで!と?は

使うなって学校で習ったでしょ!!

 

 

※習ってないと思う人は、
学校の授業ちゃんと聞いてた自信ありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方的に課題を定義しがち

でも

定義が一般的過ぎて

刺さらない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年話題の

 

トレンド(流行)を教えてくれるのだけど

全然新しい情報じゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近年話題になりがち

だけど

全然聞いたことない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤裸々に語りがち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤裸々って何?

意味わかって使っているの?

→ つつみ隠さず、話すこと

 

 

 

 

 

 

 

 

※赤裸々言いたいだけじゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キキララなら知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご都合よろしければ

無料セミナーに招待しがち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料セミナーからの反響営業が

超遅くて、意味無い

忘れたくらいに電話かかってくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

営業陣と連携が取れていないがち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各部門が

言われた仕事だけやって

全体を見て

統一感を出すこと

ができてない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食材だけ一級品でも

味をまとめる調味料と技術が足りてない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おいおいおい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウチの会社やん(自虐)

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

ご相談・お見積もりはこちらから