MENU

BLOGブログ

日常

山本 五十六(いそろく)の言葉

2022.02.17

今は転職して新人ですが、
以前は10年程、事務として勤めており、
お局として働いておりました。(そんなつもりはないですが…)

 

 

 

 

 

 

 

 

新人教育を任される事も増え、
人に何かを教える事が多くなっていました。

 

 

 

 

 

 

その時に教える事の難しさを痛感しました。

 

 

 

 

 

 

当時大切にしていた事と、

昨日主人との話題の中で出てきた話がマッチしたので

 

 

 

 

 

 

その言葉をお伝えします。

 

 

 

 

 

私は知らなかったのですが、(無知)
有名人みたいですね、山本五十六さん。

 

 

 

 

 

 

 

その方の名言で

 

やってみせ
言ってきかせて させてみて
褒めてやらねば 人は動かじ

 

 

 

 

 

 

 

 

話し合い
耳を傾け 承認し
任せてやらねば 人は育たず

 

 

 

 

 

 

 

やっている
姿を感謝で 見守って
信頼せねば 人は実らず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか妙に
んおーーーー!となったのです。
うまく言えないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうそうそうそうそう!

ってなってました。W

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて

ずっと大事にしたい言葉

だなと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、人全般に当てはまるような気がして
子育てにも当てはまるな
と思ったりもしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

当時引き継いだ先輩の素晴らしいところを
わたしも次に繋げていけるようにがんばりまっす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず今は仕事覚えます(^^♪

がんばるぞー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本五十六(いそろく)先輩は偉大です。

 

 

 

 

 

 

 

 

功績も存じ上げております。

 

 

 

 

 

 

 

 

大変恐縮ではございますが

現代の言葉を天国の先輩に送ります。

 

 

 

 

 

 

やってみせ
言ってきかせて させてみて
褒めてやっても 人は動かじ

※現代人は「従業員=客」と認識している人も少なくありません。
ES
従業員満足度なんて誰が言い出したんだ?

 

「デキること」に価値置きしてないんですよ
現代人は。

 

先輩が本物や高品質と思うこと
今の日本には空前の灯。

 

 

 

 

 

 

 

 

話し合い
耳を傾け 承認し
任せてやるほど 人は育たず

 

※この言葉を「育つべき人」が言います。
先輩の言葉を誤認し
指導者はこうあるべきだ!
を正義のように振りかざす

 

 

 

 

先輩が言いたかったことは
そういうことだったんですか?

 

 

 

 

 

 

任せられることから逃げる人が多い

 

 

 

 

耳を傾けるに値する努力を

彼ら、彼女らは

日頃からしておりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっている
姿を感謝で 見守って
信頼せねば 人は実らず

 

 

 

 

 

先輩、全員にはムリっす。

 

 

 

そして現代は

感謝するなら、

自ら率先して行動する(手伝う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっている姿を認識できれば

感謝もできる(しています)

 

 

 

 

 

 

 

 

現代では

「見守る」=「監視」

になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼せねば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼は

お互いにするもので

 

 

 

 

 

 

 

 

現代は片思いが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

親の心、子知らず

という言葉がございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰が親で

誰が子と

言う話しではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

その境遇に居なければ

その時の相手の気持ちなんて

わかりっこない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五十六先輩は

子供も大人も経験されました

 

 

私もそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申し訳ないのですが

五十六先輩の大人の時代と

わたしの大人の時代

 

 

 

 

 

 

 

五十六先輩の子供時代と

私の子供時代

 

 

 

 

 

 

 

時代が違うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

五十六先輩は

デジタルマーケティング

という言葉をご存知でしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご存知ないですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは大和魂という言葉を知っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、恥ずかしながら

本質を理解しているかというと

 

 

 

 

 

 

 

五十六先輩のご存知の

大和魂とは

きっと定義が違うでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大事なのは

言葉だけに共感するのではなく

 

 

 

 

 

 

 

 

本質を見抜いて

自分の時代に変換する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何が言いたくて

何が伝えたくて

何が大切なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰に伝えたいのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違うのは言っている人だけではない

伝える相手

周りの人々も

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代によって変化している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

温故知新

古きを温める=本質は変えない

新しきを知る=時代に合わせて変化させる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生意気な後輩ですみません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五十六先輩、またお話聞いてください。

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから