MENU

BLOGブログ

日常

安全の裏側

2022.02.15

安全衛生推進会議の準備ということで

技術部(工事)の課長さん達に

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒヤリハット報告書や

各社の安全衛生推進会議で

周知頂いた

事故事例を共有してもらいました

 

 

 

 

 

 

 

 

拝見していて

まず思うこと

 

 

 

 

 

 

字が多い。

読みづらい。

分かりづらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人さんや工事の監督さんなら

わかるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その人たちに向けて

だから

専門用語を多く使った方が

分かりやすい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はそうは思いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら

安全に気を付けるべきは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場に慣れていない

新人層、素人層

だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この層へ、

「伝える」をするには

分かりやすく伝えること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被災し易い層としては

現場に慣れてきた

第二新人層(勝手に名付けました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場のことに慣れてきたら

ショートカットし出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門用語で、

横着行動(おうちゃく)や

近道・省略行動と

呼ばれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この層は

事故を自分ゴトと捉えない人が

被災しやすいので

交通事故に似た構造をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この層へのアプローチは

新しい気づきや発見

「考える」仕組みを

定着させる必要があるため

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全の訴求も

興味を持ってもらう

ある意味でオモシロい内容が必要です。

※事故の話でオモシロいも不謹慎ですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よっぽど

キレイな言葉を並べて響かない

内容を作るくらいなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不謹慎だとしても

波及効果(口コミで人に話したくなる伝え方)が

得られるならば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほうが

一人でも多くの方へ

一つでも怪我や事故が減るならば

その方が良いと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

労働災害のデータを拝見していると

年齢別の災害状況で

 

50歳以上の高年齢労働者の

割合が減っているという記述を

目にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業 年齢別 内訳

10代:0人
20代:23人
30代:17人
40代:18人
50代:26人
60代:17人
70代:6人

 

このような数字を見た時に

(* ̄- ̄)ふ~ん

で終わるのではなく

 

 

 

 

 

仮設を立てる癖をつけて

ほしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば

50歳は事故減ったらしけど

多いじゃん

なんでだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

段階の世代が離職したり

そもそも労働人口(母数)が

減っているはず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前年比で減るのは

妥当なこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際は加齢による運動能力の低下が

労働災害に繋がってないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど

考えることは多々あり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えることが大事なわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒヤリハットも災害事例も

よく見るあるあるネタが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に、

社内で共有するとき

真剣に意見交換はするものの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔から

無くならないよね

よくあるよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーティン作業のような

話合いになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事費の買いたたきは

良くされますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根拠なき買いたたきについて

削れるとしたら

クリティカル(直接的)な

工事の費用ではなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全対策費という

起きても居ないことに

過剰なお金を掛けるポイントから

間引くしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもなお

お客様によっては

 

 

 

 

 

 

 

 

安全対策費を削って

安全を守るのは

基本で当たり前のことだ

 

 

 

 

 

 

 

 

と仰います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購買部門と現場監督、安全担当という

役割分担をした結果だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの立場の人が

それぞれの立場の事だけ考える結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外部の人に負担させる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分を守ることが第一

次に会社を守ることが第二

協力会社といっても

外部の人には責任を負わせよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが社会に基本構造です。

※多数派

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建設業に限らず

組織が大きくなれば

おのずと

この形になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業だからこそ

熱いハートと冷たいアタマで

戦っていきたいと思います。

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから