MENU

BLOGブログ

日常

中小企業における情報共有問題

2022.02.06

情報共有をしましょうと言います。

 

 

 

 

 

言ってる人のほとんどが

脳死状態であるということも多い

 

 

 

 

 

 

 

つまり

何も考えていないということです。

 

 

 

 

 

 

 

情報共有することが良いことだ

情報共有は正義だ

 

 

 

 

 

 

 

みたいなものは

情報を取りに行けない人が

ピーチク パーチク言っていたり

 

 

 

 

 

 

 

情報が集まらない人が

あーでもない

こーでもない

言っているだけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報というものの価値は

扱う人々によって

変化します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重要な情報だと思っていても

軽々しく口にする人も居れば

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さほど重要でないように思えることも

使うタイミングや相手、場所によっては

人の行動を左右させるための

決定打になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば、

小中学校の頃

 

 

 

 

 

 

 

 

〇〇くんのことが好きだ

〇〇さんのことが好きだ

 

 

 

 

 

 

 

 

的な話は良くある話で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内緒だよ

と言いながら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色々な友達に話す子もいれば

 

 

 

 

 

 

 

絶対に誰にも話さない子もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

友情を高めるために

親友の好きな子は話さない

と決めていた子もいたかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になった今だから思いますが

ホント

どうでも良い話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生時代の恋愛感情や人間関係が

大人になるまで持ち続けられる人は

極めて、わずか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これについては

身近に居るので

普通にスゴイと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちの持続というよりは

そこまで合う人と

人生の早い段階で出会っているということに

運命や奇跡を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは言え

一定数の人は

子供の頃のコミュニティを引きずりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を戻して情報共有の話

かつて勤めていた会社で

1日100~300件のメールを

受信していたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は、

全て読むわけもなく

ゴミ箱以外に

ゴミフォルダを作って

直接そこに入るように設定したりしてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業会社あるあるなのですが

営業はナルシストになりがち

ポエム言い出すやつ居がち

小さい営業会社は社長が女性社員を口説きがち

精神論を全面に出した気持ち悪い朝礼しがち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

情報発信をすればいい

みたいな時代になってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報を取りにいく事

情報を発信する事

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、

両方に

信用というコストを

払っていると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、

 

「教えて下さい」=「相手の時間をください」

 

 

教えてもらう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後が大事で

 

教えてもらったことを実践する

=信用が貯まる

(信用が返ってくる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教えてもらったことを実践しない

=信用がなくなる

(話した時間が無駄になると思われる)

 

※何らかの理由で別の対応をしたと報告することで

信用を無くすことを防ぐ事もできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる

報連相というやつです。

報連相は結局

信用を積み上げるためにするもので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商習慣だからでもなければ

ビジネスマナーでもなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本質は

人からの信用を貯めるための型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから

報連相しなさい

と言われる人は

信用をためる型が出来ていない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すなわち

基本が出来ない

仕事できない人と言う訳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報共有のもう一つは

情報が集まらない人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ、単純に嫌われてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世間話や一見無駄の様な話も

人間関係を築くための

話であるならば

十分に価値はある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

そういった打算的な考えも無く

無駄口を叩くための盾に使う人もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな話であれ

人間関係を相手の話を聞くということは

大事なことであり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに対して

ポジティブな返答をすることで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報は集まって来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近、

コロナ&リモート日記を書いてくれいてるのは

新人さんです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の良い所は

人に会わせると

質問をしっかりしてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その返答が上手な人だと

結構な量を質問して

様々な情報を

持って帰って来てくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしに聞くと

 

自分の意見は?

本質は理解した?

じゃあ説明してみてください。

 

という

返答に苦しめられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で言うのもなんですが

成長させてくれるのは

自分が苦手と思っている人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当の意味で

嫌ってほしくはないですが

彼女を一番成長させる存在になりたいと

勝手に思っている今日この頃

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ

人の成長ってのは

「成長させる」ではなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成長できる環境を作って

「見守る」が

親心というやつですね

(親じゃないけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

親と言う字は

 

木の上に立って見守ると

 

書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな状況であれ

手を差し伸べるだけが

親じゃない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから親はツライんだよね

(親じゃないけど)

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから