MENU

BLOGブログ

日常

朗読教室たるものを体験

2022.02.04

ご縁あって現役アナウンサーさんの開く

朗読教室の見学・体験にお誘い頂き

 

 

 

 

 

 

初めて

朗読

たるものに触れます。

 

 

 

 

 

 

 

習っている人の朗読を聞いて

そういう伝え方や表現もあるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

と学びがあったこと

 

 

 

話が長い人の話し方が

劇的に変わった

要因が朗読だと聞いたこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンでは

通常4分を制限時間に

朗読を行うそうです。

 

 

 

 

 

 

 

あ、でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見学で参加させて頂く

私は1~2分だそうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回で最大限試して

戦利品を持ち帰ろうと

思ってたのにー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで

参加前に

どの作品を持って

参加するか

伝えないといけなくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生からは

「   」の多い

 

 

 

 

 

つまり

セリフの多い作品を選んできてね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

童話や昔話が良いですよ

と教えて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで

わたしが選んだ作品はコチラ

 

 

 

 

宝くらべ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10年ほど前に

俳優の藤原竜也さんが

朗読されたもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の題材探しを通じ

Youtubeで見つけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

一通り聞いてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナレーション

お金持ち

貧乏な人

貧乏な人の妻

貧乏な人の子供たち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

といった

複数の登場人物を一人で

声や話し方を変えて

表現していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、

営業や接客で言うところの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様に合わせて

話し方を変えることに

似ているなと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも

プロのアナウンサーの先生に

話し方を習っているのも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつでも

最前線で戦える準備をする

という目的で始めました

※現在、総務職なので

営業職への転身(戻る感じなのですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生には

総務として

コミュニケーション能力向上を目的とした

話し方研修を作る

と伝えていたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生も親身になって

カリキュラムを一緒に

考えて下さいました

※もちろん、この目的も嘘ではない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間はさかのぼり

5年ほど前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社の社長に拾ってもらった

私ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃は、

営業職として入社しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業職として

それなりに自信のあった私は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お取引したいお客さんを教えてください。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超強気に言っていたことを覚えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大口叩いて

ドヤ顔すること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが

自分の営業ポリシーみたいなところがあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では

黙って、

虎視眈々と狙っていく

不言実行

が好きですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は

人に「スゲー」と言われることが

何よりも快感だったので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それを最大化させる為に

社内でのビッグマウスは

私にとって

必要だったわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん

若い 若い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私も

 

プラント・設備

配管・製缶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

といった

ジャンルに精通していたわけでは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全くなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業として

どう戦っていくか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

を考えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしが

最初にやったこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「敬語を崩す」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは

なんでもかんでも

タメ口で話す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とは

訳が違います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧な雰囲気を伝える

言葉は少し

ラフなイントネーションにしつつ

1語だけ、方言やタメ口の要素を入れる

職人さんの使う言葉をコピーする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これら以外にも

まだまだ

語れる要素はあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さながら

料理の様に

複雑な色々な味を足していき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また

間引くところは

間引き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的に

味を調える

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「味を調える」が

話し方で言うところのキャラクターであり

非言語コミュニケーションの部分

※横文字で、

ノンバーバル(非言語)コミュニケーション

と言います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スパイス」が

相手と同じ言葉を使う

方言やタメ口など

相手の感情が動きやすいアクセント

ここが言語コミュニケーション

 

※横文字で

バーバル(言語)コミュニケーションと言います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今

 

 

丁寧な敬語

ビジネスコミュニケーション

 

という

言葉の刀を研いでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この

本身(真剣のこと)は

近い未来

抜く事になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから