MENU

BLOGブログ

日常

犬が子猫に噛みついた時の話

2022.02.01

犬が子猫に噛みついたんです。

そしたらば

母猫が犬に体当たりして

助けに行ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

犬の方が大きいのに

身を挺して

子供を守る辺り

母親ってスゴイですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という話は

よくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそもなのですが

なんで母親って解るの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父親かもしれないし

アカの他人(猫)のヒーローかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに言うと

犬は噛みついたわけではなくて

誰もが気付いていない

危険から

子猫を守ろうとした

救助者だったかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つのストーリーには

色々な側面があって

真実は一つかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真実=行動から生まれる結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ

真意は

実行した本人しかわからない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世の中の真意が

全て他人に受入られて

全て他人に伝わるとは限りません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

一つ一つの物語には

影ができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

影ができるのは

光があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少なからず

物語には

明暗の2つの側面が存在します。

※正確には2つ以上

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃太郎には

本来

鬼側のストーリーがありますし

雉(キジ):こんな字書くんだ、キジ

のストーリーもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ

自分が見たり、聞いたりすることを

そのまま受け取るだけでなく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事実や結果は受け止めつつも

自分と他人が

存在する状態での物語は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

良くも悪くも

ストーリーが2つ以上存在します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さき者を守る者が

母猫であるという先入観は捨てて

その者の本質を見抜くようにしましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

守っている者が

全て

聖者とは限りません。

 

 

 

ブログ記事一覧に戻る
ご相談・お見積もりはこちらから